電子ピアノの買取業者を選ぶコツは? 高く売るポイントなども解説


電子ピアノは高く売れるの?

「どんな電子ピアノが買取対象になるのか」「電子ピアノを高く売る方法は?」など、電子ピアノの買取について悩んでいる方は多いでしょう。電子ピアノは古くなるほど買取額が下がるため、使わなくなったときに売ることが大切です。また、ポイントを押さえておけば、高額買取が可能でしょう。

本記事では、電子ピアノの買取方法やポイントなどについて解説します。

  1. どんな電子ピアノが買取対象になるのか?
  2. 電子ピアノの買取最低額の目安は?
  3. 電子ピアノの高額査定ポイント
  4. 電子ピアノの買取業者を選ぶコツ
  5. 電子ピアノの買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、電子ピアノを高く売るポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.どんな電子ピアノが買取対象になるのか?

電子ピアノの売却法とは?

一体、どんな電子ピアノが買取対象になるのでしょうか。

1-1.生産開始時期が新しい電子ピアノほど買取対象に

電子ピアノは生産開始時期が新しいものほど買い取ってもらいやすくなります。ほとんどの電子ピアノは、メーカー保証が約8年となっているため、生産開始から9年以上経過している古いモデルは買取不可になる可能性が高めです。古いモデルほど故障のリスクが大きくなります。また、年式が新しいものほど買い手がつきやすくなるのも大きな理由の1つです。中古でも新品に近い状態のものは、新品で購入するよりもお得に買うことができます。そのため、年式が新しい電子ピアノほど中古需要が高く、高値で買い取ってもらいやすくなるでしょう。

1-2.古くても人気モデルは売れる

たとえ、古い電子モデルであっても人気がある電子ピアノは買い取ってもらえる可能性があります。メーカーで人気があるのは、ローランド・カワイ・ヤマハ・カシオなどです。モデルでいえば、ローランドのHPシリーズやDPシリーズ・カワイのCAシリーズやCNシリーズ・ヤマハのクラビノーバなどがあります。ただし、人気モデルで10年以上の年数が経過したものは買取不可になる可能性もあるので要注意です。

1-3.動作不良がないもの

電子ピアノの買取基準で最も大切なのは、きちんと正常に動作するかどうかです。電子ピアノは電子機器となるため、電源を入れてすべての機能が動くか・動作不良がないことが買取の前提となります。たとえば、一部動かないキーがあったり、鍵盤が沈んでいたりすると買取不可になるか買取がくが下がる可能性が高めです。少しの傷や汚れなら修復できますが、修復が困難なほど壊れている電子ピアノはほとんどの店舗で買い取ってもらえません。

2.電子ピアノの買取査定額の目安は?

高く売れる電子ピアノとは?

それでは、電子ピアノの買取査定額はいくらが目安になるのでしょうか。

2-1.買取額=中古の販売価格×0.2~0.4

電子ピアノの買取額は、状態・メーカー・モデルなどによって異なります。ハッキリと買取額は断言できませんが、算出方法として「中古の販売価格×0.2~0.4」で表すことができるでしょう。たとえば、発売から3年以上で中古販売価格8万円の電子ピアノの場合、8×0.2~0.4=16,000~32,000円が買取額の目安となります。売りたい電子ピアノの買取額を調べたいときは、まず、電子ピアノの型番をチェックしてください。メーカーによって型番の表示方法は異なりますが、ほとんどは鍵盤下や背面に貼ってあるシールで確認できます。

2-2.ネットの中古販売価格を調べる

ピアノの買取価格を調べるには、中古販売価格を把握する必要があります。中古販売価格を調べる方法として、電子ピアノの保存状態・製造年・種類・型番・メーカー・製造番号をチェックした上で、中古電子ピアノ販売会社のホームページを確認してください。ネットでは中古電子ピアノ販売会社の中古販売価格が分かります。中古販売価格が分かれば、計算式にあてはまるだけでおおよその中古買取額が分かるでしょう。

2-3.複数の業者に無料査定を依頼する

ほとんどの買取業者やリサイクルショップでは、無料査定を行っています。無料査定を依頼することで、おおよその買取額が判明するでしょう。1社だけでなく複数の業者を比較すれば、最も高値がついた業者に買い取ってもらうことができます。買取業者の中には、LINEやメールで無料査定を行っているところもあるでしょう。写真で撮影し、電子ピアノの状態や型番など情報を打って送るだけでおおよその買取額が分かります。無料査定でキャンセルしてもお金はかからないので、気軽に利用できる点がメリットです。

3.電子ピアノの高額査定ポイント

それでは、電子ピアノの高額査定のポイントをいくつか紹介します。

3-1.電子ピアノをきれいに掃除する

どの商品の買取にもいえることですが、事前に掃除をすることが高価買取につながります。前述したように、新品状態に近いものほど高く売れるからです。買取店の立場になってみると、汚れやホコリがついている電子ピアノよりも、きれいに掃除が行き届いている電子ピアノのほうが新品に感じると思います。新品状態のほうがメンテナンスの手間が省け、買い手もつきやすくなるものです。そのため、査定に出す前に掃除してください。電子ピアノは電子機器なので水拭きはNGです。かわいたタオルでホコリや汚れを丁寧に拭き取りましょう。

3-2.電子ピアノの付属品をそろえる

付属品がそろっているかどうかで買取額にも大きな差が出てきます。付属品のイス・トップカバー・メトロノーム・ヘッドホンなど購入時についてきたものはできるだけすべてそろえてください。そして、付属品もできるだけホコリを落としてきれいにすることが大切です。付属品に不備があると高価買取が叶(かな)わなくなるため、イスがガタつくならしっかりとネジをゆるめたり、足りない付属品がある場合はその旨をしっかり伝えたりしましょう。

3-3.接触不良がないか動作確認は絶対にする

高価買取のポイントとして、接触不良がないか事前に確認することも大切です。接触不良があると買い取ってもらえない可能性が高くなるでしょう。使い始めてから数年しか経過していない場合は、購入先の電子楽器店に修理してもらうのも方法の1つです。保証期間内であれば無料で修理してもらえます。そうすれば、高価買取が期待できるでしょう。ただし、買い取ってもらうよりも修理代のほうが高くかかっては意味がないため、事前に費用を確認してください。

4.電子ピアノの買取業者を選ぶコツ

買取業者選びも高価買取の大切なポイントとなります。それでは、業者選びのコツを解説しましょう。

4-1.買取実績がある業者か

まずは、買取実績が豊富かどうかホームページをチェックしてください。優良業者の多くは、買取対象品目や買取ができないものなどがホームページに記載されています。どのような商品を買い取っているのか、出張買取対応地域がどこなのか確認できるでしょう。ホームページに具体的な情報が記載されている業者ほど信用できる証拠です。逆に、分かりにくい内容だったり、大ざっぱな内容だけが記載されていたりする業者は信用できません。また、無料見積もりや無料相談を受けつけているかも必ずチェックしてください。

4-2.買取だけでなく不用品回収も行っているか

不用品の買取だけでなく、回収も行っている業者か確認しましょう。不用品買取と回収の両方を行っている業者なら、買取不可になっても回収が依頼できます。わざわざほかの業者に依頼する手間と時間が省ける点が大きなメリットです。また、電子ピアノ以外にも処分したいものがあれば、出張回収・買取でまとめて手放すことができるでしょう。買い取ってもらうものが多ければ多いほど、処分費用も安く抑えることができます。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応に注目するのも、業者選びの大きなポイントです。スタッフの対応が悪く、スピーディーに対処してくれない業者ほど悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。特に、電子ピアノを回収してもらう際は出張回収を利用すると思います。出張回収を依頼してもすぐに対応してくれない業者は、安心して依頼できません。引っ越しなどすぐに処分・買い取ってもらいたいときは、即日対応が可能な業者を選びましょう。リサイクル買取サービスでは、年中無休で24時間受けつけを行っているので即日対応が可能です。ぜひ1度お問い合わせください。

4-4.口コミや評判もチェックする

インターネットで買取業者の口コミや評判をチェックするのも大切なポイントです。口コミでは、実際に利用した人の声を聞くことができます。悪徳業者には、必ず悪い評判がついているものなので、評価や口コミが悪い業者には要注意です。また、不用品の買取を行っている業者は古物商の許可証を都道府県から取得しなければなりません。ホームページや店舗に許可番号を掲載していない業者は悪徳業者の可能性が高いので安易に依頼しないように気をつけましょう。

5.電子ピアノの買取に関してよくある質問

電子ピアノの買取に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.電子ピアノが高く売れる時期は?
A.クリスマスシーズンとなる11月下旬~12月は電子ピアノが高く売れる時期です。12月のクリスマス時期は中古電子ピアノを購入する人が増えるため、中古市場の需要が高くなり、高値で買い取ってもらいやすいといえるでしょう。また、新学期が始まる2月下旬~3月、夏休み前の6月~7月上旬も売り時です。さらに、狙い目の時期に売ることで平常時の買取相場よりも約10~20%高値で売れるでしょう。業者に提示された価格より少し上の値段で交渉するのもアリです。

Q.高価買取が期待できる人気の電子ピアノは?
A.ピアノなど楽器メーカーで有名なヤマハの場合、CLPクラビノーバシリーズが高く売れる傾向があります。アコースティックなたたずまいはもちろん、グランドピアノの音色を追求した電子ピアノとして有名です。CLPシリーズは安定した人気モデルといえるでしょう。あくまで目安となりますが、買取相場は約2万~3万円です。

Q.買取業者以外で売る方法は?
A.フリーマーケットやフリマアプリ、ネットオークションなどを利用する方法があります。ただ、フリーマーケットは地域によって開催日が決まっているため、すぐに売りたいならフリマアプリまたはネットオークションのほうがいいでしょう。人気モデルなら買い手が見つかり、すぐに落札される可能性があります。けれども、買い手が見つかっても自分でこん包し送らなければなりません。送料や手間がかかるため、事前の確認が必要です。

Q.無料回収業者を利用するのは危険か?
A.無料回収業者は利用しないほうがいいでしょう。特に、街中をトラックでまわりながら不用品回収を呼びかけている業者は、店舗を持たない悪徳業者の可能性があります。無料を謳(うた)っては客を引き寄せ、トラックに積んだ後に費用を請求する恐れがあるのです。実際に、無料回収業者とのトラブルが相次いでいるため、適切な費用を支払って正しく処分してくれる業者に依頼したほうが安心できます。

Q.自治体回収で処分する場合、費用はいくらぐらいか?
A.自治体回収で電子ピアノを処分する場合、ほとんどの自治体では粗大ゴミ扱いとなります。粗大ゴミとして処分する手順は以下のとおりです。

  1. 自分の住む地域の粗大ゴミ回収日を調べる
  2. 希望する回収日を決め、電話やインターネットで自治体へ申し込む
  3. 環境事業所や指定販売店で、手数料納付券を購入する
  4. 手数料納付券に必要事項を記入し、電子ピアノに貼り付ける
  5. 回収日に、指定の回収場所へ電子ピアノを運ぶ

自治体によって細かいルールが決まっているため、ホームページや掲示板等で確認してください。分からないことがあれば、自治体の窓口に問い合わせて確認しましょう。

まとめ

電子ピアノの売却法についてのまとめ

電子ピアノは、生産開始時期が新しいモデルほど高く売れる傾向があります。古いモデルでも人気メーカーの種類で動作確認ができるものなら、高く買い取ってもらえる可能性はあるでしょう。ただし、10年以上経過している電子ピアノは人気モデルでも買取不可になる可能性が高いので要注意です。事前に、どのくらいの価格で売れるのか中古販売価格をチェックしてください。後は、買取実績がある業者に依頼することが大切なポイントです。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休