大型家具を処分したい人! 一番楽でお得な方法を詳しく教えます!


「大型家具を処分したいけど、ゴミに出すことができるのだろうか」「ゴミに出す以外の方法で大型家具を処分する方法を知りたい」とお考えではありませんか? 買い替えなどで不要になった大型家具を処分したくても、どこにどんな方法で依頼すればいいのか、分かりにくいですよね。それに、なるべく安くて簡単な方法で処分したいことでしょう。

そこで今回は、大型家具の処分について詳しく解説します。

  1. 大型家具は何ゴミに分類される?
  2. 大型家具を処分する方法
  3. 大型家具を買取に出す方法
  4. 大型家具を運び出すときの注意点
  5. 大型家具の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、大型家具を処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.大型家具は何ゴミに分類される?

最初に、大型家具が何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.多くの自治体では粗大ゴミになる

大型家具は、多く自治体で粗大ゴミに分類されます。大きさや重さがあることから、可燃ゴミや不燃ゴミで回収することができないからです。粗大ゴミとして出す場合は、自治体の粗大ゴミ受付窓口に事前連絡し、集荷場所・日時の指定を受けることが多いでしょう。また、有料回収となり、大型家具1台に付き1,000~2,000円程度の費用がかかります。粗大ゴミの回収ルールや回収費用は自治体ごとに異なるため、詳しくは自治体のホームページなどで確認してください。

1-2.解体すれば可燃ゴミ・不燃ゴミなどで出せる場合もある

大型家具を自分で解体する場合は、素材ごとに可燃ゴミや不燃ゴミとして出すことができる場合があります。可燃ゴミや不燃ゴミで出すことができれば、無料で処分できるのがメリットです。ただし、自治体が指定した大きさ以下のサイズに解体する必要があるので注意してください。大型家具の素材によっては解体が困難で、労力や時間が大幅にかかることがあります。解体作業中にケガをするリスクもあるので、気を付けてください。

2.自治体回収以外で大型家具を処分する方法

自治体回収以外で大型家具を処分する主な方法をご紹介します。

2-1.販売店の下取りや引き取りを利用する

販売店の中には、新規購入を促すために、買い替えキャンペーンで大型家具の下取りや引き取りを行っていることがあります。大型家具を買い替える場合は、販売店の下取りや引き取りを利用できないか確認してみるといいでしょう。

メリット

  • 集荷場所まで運ぶ必要がない
  • 買い替えと同時に処分できる
  • 無料で処分できる

デメリット

  • メーカー・ブランドの指定がある場合が多い
  • 状態が悪いものは下取りや引き取りの対象外になる

2-2.引っ越し業者に処分してもらう

引っ越しで不要になった大型家具は、引っ越し業者に依頼して処分してもらうことも可能です。引っ越しの契約をする際に、引っ越し業者に大型家具の処分を依頼してください。

メリット

  • 引っ越しと同時に処分できる
  • 自分で運ぶ手間がかからない
  • 大型家具以外の不用品も同時に処分してもらえる

デメリット

  • 処分費用がかかる
  • 引っ越しの契約時に依頼しておく必要がある

2-3.不用品回収業者に処分してもらう

不要になった大型家具は、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。大型家具は大きさや重さがあるので、日時・場所を指定して引き取りに来てもらうといいでしょう。

メリット

  • 集荷場所まで運ぶ手間がかからない
  • 都合のいい日時・場所を指定できる
  • 大型家具以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 条件によっては買取してもらえることもある

デメリット

  • 回収費用がかかる

なお、当リサイクル買取サービスでも、大型家具の処分をお受けしています。まずは、お気軽にお見積もりからご依頼ください。

3.大型家具を買取に出す方法

大型家具と買取に出す主な方法を詳しく解説します。

3-1.家具買取専門業者は豊富な専門知識による査定が特徴

家具買取専門業者では、中古品として十分に使える大型家具を買取してもらえます。買取を希望するときは、査定を受けてみるといいでしょう。家具買取専門業者は家具の買取に特化しているため、取り扱いブランドが多くて専門知識が豊富です。また、大型トラックにより、指定日時・場所にて回収しえもらえるのもメリットでしょう。反面、専門知識が豊富なために、査定がシビアで想定以上に低い金額を提示されることがあります。また、買取不可の場合は、引き取り処分も依頼できない点もデメリットです。

3-2.リサイクルショップでは買取不可の可能性が高い

リサイクルショップでは、大型家具を買取してもらうのは難しいケースが多いでしょう。特に個人店では、大型家具を保管するためのスペースが足りないなどの理由で買取不可となる可能性があります。また、個人店の多くは、店頭持ち込みだけとなるため、査定を受けるために業者の店頭に持ち込むのが大変です。買取不可となった大型家具の引き取り処分も依頼できないこともデメリットでしょう。

3-3.ネットオークションフリマアプリはこん包や配送が大変

ネットオークションやフリマアプリを利用して、大型家具を出品することもできます。普段から出品慣れしている人は、検討してみるといいでしょう。ただし、大型家具は配送料が高く付くことから、なかなか落札されないことも多いのです。また、大型家具はこん包や発送が大変な点もデメリットと言えます。商品クレームや支払い遅延などのトラブルも多いことから、積極的にはおすすめしません。

4.大型家具を運び出すときの注意点

大型家具を運び出すときの注意点を詳しく見ていきましょう。

4-1.足腰を痛めない運び方を理解しておく

大型家具を運ぶときは、足腰を痛めない運び方を理解しておくことが必要です。具体的には、以下を参考にしてください。

  • 体に密着させて運ぶ
  • 運ぶ際に前かがみの姿勢にならない
  • 体全体を使ってゆっくり持ち上げる
  • サポーターやコルセットを適宜使用する

4-2.周辺を養生したり不用品を片付けたりする

大型家具を運ぶ経路を確認し、周辺を養生したり不用品を片付けたりしておきましょう。大型家具を運ぶときに、家に傷を付けたりものにつまずいてケガをしたりするのを防ぐことができます。階段・段差がある場所・柱など、大型家具がぶつかりやすい部分には、ビニールシートや毛布を当て、養生テープで固定しておくといいでしょう。また、思わぬケガを防ぐためにも、不用品を片付けておくことが大切です。

4-3.複数人で慎重に運ぶ

大型家具は、複数人で慎重に運んでください。大型家具は大きさや重さがあるので、一人で運ぶのは難しいでしょう。高さがある大型家具は、場合によっては横に倒してから運ぶ必要があります。横に倒すときも、声をかけ合ってタイミングを合わせましょう。運ぶ際には、前側のペースに合わせて一歩ずつ確実に進むようにしてください。焦って運ぶと、大型家具を落としたり家にぶつけたりする原因になるので注意しましょう。

5.大型家具の処分に関するよくある質問

最後に、大型家具の処分に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.大型家具を粗大ゴミに出す際にクリーニングする必要はある?
A.特に必要ありません。ただし、集荷場所に運ぶ際に服が汚れる可能性があるため、表面の汚れやホコリを簡単に拭いておくことをおすすめします。

Q.高齢のため粗大ゴミの集荷場所まで運ぶのが難しいのですが?
A.自治体によっては、高齢などの理由がある場合、自宅前での回収が可能なことがあるので確認してみてください。また、粗大ゴミに出すのをやめて、不用品回収業者に依頼することも検討してみるといいでしょう。

Q.複数台の大型家具を同時に処分してもらうときの注意点は?
A.見積もりを依頼する際に、大型家具の数と大きさ・内容を正確に伝えることです。業者が正確に見積もりしやすいだけでなく、トラックの手配をスムーズに行うことができます。

Q.大型家具をできるだけ高く買取してもらうコツは?
A.以下のポイントを参考にしてください。

  • 汚れをキレイにクリーニングしておく
  • カギや使用説明書など購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になった時点で早めに買取に出す
  • 大型家具の買取を強化している業者に依頼する

Q.大型家具の処分を不用品回収業者に依頼する場合の費用目安は?
A.1台に付き数千円程度~が目安です。なお、上層階からの降ろす場合や、ベランダや窓から出す必要がある場合などは、オプション費用が別途かかることがあります。詳しくは、業者の見積もりを確認してください。

まとめ

今回は、大型家具の処分について詳しく解説しました。大型家具は、多くの自治体で粗大ゴミとして処分することができます。粗大ゴミとして処分する場合は、自治体ごとの回収ルールに従って出してください。自分で規定サイズ以下に解体すれば、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分できるものの、労力やケガのリスクを考えるとおすすめしません。一番効率がいいのは、不用品回収業者に処分を依頼する方法です。都合のいい日時・場所で回収してもらえ、自分で運ぶ手間もかかりません。また、状態によっては買取してもらえることもあるでしょう。まずは、信頼できる不用品回収業者によく相談してみてください


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休