オーブントースターの捨て方は? 注意点や買取に出すポイントを解説


「オーブントースターをどのように処分すればいいのか」「まだ使えるのにゴミとして捨てるのはもったいないが、捨てる以外に手放す方法はあるのか?」など、オーブントースターの捨て方で悩んでいる方は多いでしょう。まだ、正常に使える状態なら、買取に出すのも選択肢の1つです。買い取ってもらうことができれば、処分費用の節約につながるでしょう。

本記事では、オーブントースターの捨て方などを解説します。

  1. オーブントースターの捨て方
  2. オーブントースターを捨てる際の注意点
  3. 捨てる以外の手放す方法
  4. オーブントースターの捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、オーブントースターを捨てる際の注意点や買取に出すポイントも分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.オーブントースターの捨て方

まずは、オーブントースターの捨て方について説明します。

1-1.自治体の粗大ゴミとして処分する

オーブントースターの一般的な捨て方として、自治体の粗大ゴミとして処分する方法があります。自治体によってゴミの分類は異なりますが、一辺が30cm以上のものは粗大ゴミになるところがほとんどです。念のために、自治体のホームページ等でゴミの分類をチェックしておきましょう。
なお、粗大ゴミとして処分する場合は、事前の申し込みが必要です。自治体のホームページまたは電話などで事前申し込みをした後、近くのコンビニやスーパーで粗大ゴミ処理券(シール)を購入します。そして、粗大ゴミ処理券に必要事項を記入しオーブントースターに貼り付けた後、指定回収場所へ指定日に持っていきましょう。処分方法も自治体によって異なるため、事前に自治体のホームページ等で確認してください。

1-2.小型家電リサイクル法に基づいて処分する

自治体の中には、小型家電リサイクル法に基づいて捨て方を定めているところがあります。オーブントースターは小型家電リサイクル法の対象品目になっていることが多いため、公共施設や家電量販店に設置されている小型家電回収ボックスへ投かんする形で捨ててください。お住まいの地域で小型家電回収ボックスがどこにあるのか分からない方は、小型家電リサイクル回収ポータルサイトでチェックできます。なお、小型家電リサイクル法に基づいて処分する場合、処分費用はかかりません。

1-3.購入店に引き取りを依頼する

新しいオーブントースターを購入する場合、購入店に古いオーブントースターの引き取りを依頼するのも捨て方の1つです。購入店によりますが、購入者の方限定で古い家電の引き取りを行っているところがあります。買い換えで購入店に古いオーブントースターを引き取ってもらうことができれば、購入と処分が同時にできるので一石二鳥です。ただし、無料で引き取ってくれるか、費用がかかるかどうかは購入店によって異なるため、事前に確認しておかなければなりません。また、すべての販売店が家電の引き取りを行っているわけでもないので注意しましょう。

1-4.不用品回収業者に依頼する

自治体以外の捨て方として、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者は、ほとんどの不用品を回収しているため、オーブントースター以外に処分したいものがあればまとめて回収してもらうことができるでしょう。自治体回収で処分すると費用を抑えることができますが、回収指定日や回収場所が決まっているので時間と手間がかかるのがデメリットです。すぐにオーブントースターを処分したい・手間と時間をかけたくない方は、不用品回収業者への依頼をおすすめします。

1-5.引っ越し業者の不用品引き取りサービスを利用する

引っ越しを機会にオーブントースターを処分する場合、引っ越し業者の不用品引取りサービスを利用するのも方法の1つです。特に、引っ越し当日まで時間がなく、不用品を処分できなかった場合、新居に持ち運ぶことしかできません。そのようなときに、不用品引き取りサービスを利用することで、要らないものをまとめて処分できるというわけです。不用品回収業者に依頼するよりも費用が割高になってしまいますが、すぐにオーブントースターを手放したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

2.オーブントースターを捨てる際の注意点

ここでは、オーブントースターを捨てる際の注意点を解説します。

2-1.捨てる前に状態を確認する

オーブントースターを捨てる前に、不具合はないか・正常に作動するかどうかなど状態を確認してください。問題なく正常に使える状態なら、買い取ってもらえるからです。買い取ってもらうことができれば、処分費用はかかりませんし、オーブントースターを再利用してもらうことができるでしょう。使わなくなったからとそのまま処分するのではなく、まずは状態を確認することが大切です。多少の不具合が起きていても買い取ってもらえる可能性はあるので、自分で判断できないときも一度査定を依頼してみてください。

2-2.自治体の処分方法やゴミの分類を確認する

前述したように、自治体によってゴミの分類や処分方法が異なるため、捨てる前に必ず自治体ホームページや掲示板等を確認してください。お住まいの地域がどのようなゴミの分類をしているのか、どのような処分ルールを定めているのか、しっかりと確認しておかなければなりません。「面倒くさいから」「すぐに処分したいから」といって確認せず、自分勝手に処分するのはNGです。場合によっては、不法投棄とみなされ罰金を科せられる可能性があります。トラブルにならないためにも、事前の確認を怠らないようにしましょう。

2-3.小型家電回収ボックスに投かんできないケースも

小型家電リサイクル法に基づいて捨てる場合、小型家電回収ボックスの投かん口に入らないケースがあります。ボックスの投かん口は自治体によってサイズが異なるため、事前に確認しておかなければなりません。たとえば、愛知県名古屋市の場合は、ボックスの投かん口は縦15cm×横40cm×奥行き25cmです。小型家電回収ボックスに入るものだけが小型家電リサイクル法の対象品目になっているため、オーブントースターのサイズによっては投かん口に入らないケースもあります。

2-4.悪質な不用品回収業者に要注意!

不用品回収業者を利用する場合、悪質な業者に注意が必要です。近年、「見積書とは違う金額を請求された」「回収してもらったものが不法投棄されていた」など、悪質な不用品回収業者とのトラブルが相次いでいます。自分は大丈夫と思い込んでいる人ほどトラブルになりやすい傾向があるため、不用品回収業者選びは慎重に行ってください。特に、街中をトラックでまわっている無料回収業者は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

3.捨てる以外の手放す方法

ここでは、捨てる以外の手放す方法について解説します。

3-1.買取専門業者・リサイクルショップに買い取ってもらう

捨てる以外に手放す方法として、買取専門業者やリサイクルショップに買い取ってもらう方法があります。問題なく正常に作動するオーブントースターなら、ほとんどの買取業者で買い取ってもらうことができるでしょう。オーブントースターといった電化製品は、動作確認がとても重要なポイントとなります。壊れていて使えない・不具合が出ているものなどは買い取ってもらえない可能性が高めです。正常に作動するオーブントースターでも、人気メーカーや最新機能がついているタイプは高額査定が期待できるでしょう。

3-2.ネットオークションやフリマアプリを活用する

オーブントースターを自分で売りたい場合、ネットオークションやフリマアプリを活用する方法もあります。ネットオークションやフリマアプリは登録するだけで出品できるシステムです。自分で出品額を決めることができるため、希望額で売れる可能性もあるでしょう。ただし、落札されているオーブントースターは比較的新しいモデルがほとんどです。発売されたばかりの未使用品・新品ならすぐに落札されますが、使用感がある古いオーブントースターは落札されない可能性があります。その点を考慮した上で、ネットオークションとフリマアプリを利用してください。

3-3.法人や福祉・養護施設などに寄付する

オーブントースターを法人や福祉・養護施設などに寄付するのも選択肢の1つです。法人や福祉・養護施設の中には、寄付を受け付けているところがあります。「買取業者には買い取ってもらえなかった」「まだ使えるのに捨てるのがもったいない」と思っている方は、寄付を検討してみてはいかがでしょうか。インターネットで「オーブントースター 寄付」と検索すればヒットすると思うので、ぜひ検索してみてください。

3-4.欲しがっている人に譲る

まだ使うことができるのに買い取ってもらえなかった・捨てるのはもったいないと悩んでいる方は、欲しがっている人がいないか周囲に尋ねてみるといいでしょう。これから1人暮らしを始める方や、安価なオーブントースターを欲しがっている人がいる可能性もあります。欲しがっている人に使ってもらえれば、気持ちよく手放すことができますし、処分費用はかかりません。また、地域の掲示板を活用するのも選択肢の1つです。

4.オーブントースターの捨て方に関してよくある質問

オーブントースターの捨て方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.オーブントースターを直接ゴミ処理場に持っていくことは可能か?
A.可能です。粗大ゴミとして処分する場合、戸別収集のほかに持ち込みによる自己搬入の処分方法があります。自分でオーブントースターを運搬できるなら、ほかに処分したい不用品と一緒にゴミ処理場へ直接持ち込むことができるでしょう。ただし、自治体によって持ち込み先や持ち込みできるものが異なります。念のために、自治体のホームページで確認しておきましょう。

Q.オーブントースターの処分費用はいくらぐらいか?
A.粗大ゴミとして処分する場合は、数百円かかります。ほとんどの自治体では200~500円で処分できるでしょう。不用品回収業者に回収を依頼する場合、1点あたり3,000~5,000円かかる可能性があります。あくまで目安となるため、具体的な処分費用を知りたい方は無料見積もりを依頼してください。複数の不用品回収業者に無料見積もりを依頼することで、1番安く処分できる回収業者に回収してもらえるでしょう。

Q.どんなオーブントースターが売れるのか?
A.発売されたばかりのオーブントースターほど高く売れる可能性があります。最近のオーブントースターには、温度調節機能が細かく設定できるものやオートメニュー・マイコン機能などがついているタイプが人気です。人気が高いオーブントースターほど、中古市場でも需要があるので高価買取が期待できるでしょう。また、オーブントースターの人気メーカーは、コイズミ・パナソニック・アイリスオーヤマ・シャープ・タイガー魔法瓶・デロンギ・バルミューダ・山善などです。

Q.高く売るポイントは?
A.査定を依頼する前に、オーブントースターをきれいに掃除することです。汚れがついたままだと古い印象を与えてしまうため、査定額が低くなる可能性があります。新品状態に近いものほど高く売れるのできれいに掃除しておきましょう。また、取扱説明書や元箱といった付属品もそろえることが高価買取のポイントです。高く売るためにも、複数の業者に無料査定を依頼するといいでしょう。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?
A.どの不用品回収業者に依頼したほうがいいのか分からない方は、以下のポイントを参考にしてください。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 不用品の回収だけでなく買取サービスも行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 高価買取と格安回収が可能か
  • 口コミや評判がいいか
  • サービス内容がホームページ等に詳しく記載されているか

京都と滋賀を中心に不用品の高価買取と格安回収を行っているリサイクル買取サービスでは、年中無休で24時間受付中です。オーブントースターの捨て方でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

オーブントースターの捨て方は、自治体回収・小型家電回収ボックスへの投かん・不用品回収業者などさまざまです。それぞれの方法やメリット・デメリットを把握した上で、自分の状況に合った捨て方を選びましょう。問題なく作動する状態であれば、買取業者に査定を依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休