【必読】遺品整理の手順や流れは? 効率よく進める方法を詳しく!


親が亡くなったときには、遺品整理をする必要があります。遺品整理をスムーズに進めるためには、手順や流れをよく理解しておきましょう。しかし、遺品整理は初めてという人も多く、何から手をつけていいのかよく分からないことが多いものです。早めに進めたくても、手順や流れが分からないのでは、困ってしまうことでしょう。そこで、今回は、遺品整理の手順や流れについて詳しく解説します。

  1. 遺品整理の手順を確認しよう
  2. 遺品整理の方法やポイントを学ぼう
  3. 遺品整理を行うときの注意点
  4. 遺品整理業者を詳しく解説
  5. 遺品整理の手順や流れに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の手順が詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.遺品整理の手順を確認しよう

最初に、遺品整理でまず手をつけるべきことや手順について、詳しく解説します。

1-1.まず手をつけるべきことは?

遺品整理を行う前に、作業スケジュールを考えましょう。スケジュールを立てておけば、いつ・どこで・何をするべきなのか分かりやすくて便利です。いきなり作業に当たると、効率が悪いだけでなく、途中で挫折してしまいがちなので注意しましょう。また、遺品と不用品を仕分ける基準を決めておくことも必要です。仕分けに迷うものは、保留にし、後日改めて考えると無駄がありません。

1-2.遺品整理の手順

遺品整理は、以下の手順で進めていきましょう。

  1. スケジュールを決める
  2. 遺品とゴミや不用品を分類する
  3. ゴミや不用品を処分する
  4. 作業後に掃除をして完了

2.遺品整理の方法やポイントを学ぼう

遺品整理の方法やポイントを詳しく解説します。

2-1.遺品整理はいつ行う?

遺品整理は、早めに行いましょう。故人が暮らしたままの状態で放置すると、場合によってはネズミや害虫などの被害に遭うことがあるからです。また、以下のようなタイミングで行う人も多くいます。

  • 49日法要が終わったとき
  • 相続の必要があるとき
  • 賃貸契約が解除になるとき

2-2.遺品整理の方法やポイント

遺品整理の方法やポイントは、以下のとおりです。

  • スケジュールを決める:作業完了日からさかのぼり、日程に余裕を見て計画する
  • 遺品とゴミや不用品を分類する:事前に決めたルールに沿って仕分ける
  • ゴミや不用品を処分する:自治体や遺品整理業者に処分を依頼する
  • 作業後に掃除をする:すべてのものを片づけた後に掃除をして仕上げる

3.遺品整理を行うときの注意点

遺品整理を行うときの注意点を詳しく解説します。

3-1.遺品の主な処分方法

遺品の処分方法には、以下のようなものがあります。

  • 形見分けする
  • ゴミとして廃棄処分する
  • 業者に処分を依頼する
  • 業者に買い取ってもらう

遺品の中には、家電や家具・ブランド品など、中古品として再販可能なものもあります。業者に買い取ってもらうことができれば、処分費用と相殺できてお得です。

3-2.高価なものや仏具はどうする?

高価なものは、中古品として再販できる場合があります。業者に相談して買い取ってもらうことを検討しましょう。ただし、親族の同意を得ておくことが大切です。後日、勝手に処分したことで非難を浴びる可能性があります。仏具などは、処分と同時に遺品供養が必要です。遺品供養は、寺などに依頼して行うことができます。業者によっては、処分を同時に行っているところもあるので確認してみましょう。

3-3.個人情報の流出に注意しよう

遺品整理をするときは、個人情報の流出に注意してください。個人の持ち物は、名前や住所などが記したままで処分しないようにしましょう。また、最近は、パソコンやスマホなどのデジタルデータの流出が問題になっています。遺品整理をするときは、デジタルデータの消去・処分も忘れないで行いましょう。

3-4.遺品整理に関するそのほかの注意点

遺品整理では、現金や預金通帳・土地家屋の権利書・株券などが出てくることがあります。相続が関係する可能性があるので、自己判断で処分してはいけません。後日のトラブルを避けるためにも、親族に報告しておきましょう。また、遺品の中でも思い出の品は、処分に困るものです。アルバムや写真類など、捨ててしまうと後悔する可能性があるものは、後回しにしてください。

4.遺品整理業者を詳しく解説

遺品整理は、専門業者に依頼すると便利です。主なメリットや選び方のポイント・料金相場など、詳しく解説します。

4-1.遺品整理業者に依頼する主なメリット

遺品整理業者に依頼する主なメリットには、以下のようなものがあります。

  • 自分たちでやるよりキレイに仕上がる
  • 時間や手間・労力を節約できる
  • 都合のいい日時を指定できる
  • ゴミ屋敷のような状態でも問題ない
  • 必要に応じて特殊清掃(消毒・消臭作業など)を行うことができる
  • 遺品供養をしてもらえる
  • 中古品として価値が高いものは買い取りもしてくれる

4-2.遺品整理業者の選び方

遺品整理は、以下のポイントを満たした業者に依頼しましょう。

  • 遺品整理で豊富な実績がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 再販可能なものは買い取りしている
  • 希望の日時を指定できる
  • 個人情報の取り扱いに注意している
  • 丁寧で誠実な作業で定評がある
  • 作業スタッフの感じがいい
  • 利用者からの評判がいい
  • 古物商許可などを業務に必要な許可を取得している

なお、当リサイクル買取サービスも遺品整理でご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-3.遺品整理の料金相場

遺品整理の料金は、部屋の広さや物量・作業内容などさまざまな条件により異なります。以下は、相場の目安として参考にしてください。

  • 1R:30,000~80,000円程度
  • 1DK:50,000~120,000円程度
  • 1LDK:70,000~200,000円程度
  • 2DK:90,000~250,000円程度

4-4.業者への依頼から遺品整理完了まで流れ

遺品整理を業者に依頼した場合、以下のような流れで進みます。

  • 遺品整理について相談・費用見積もりを依頼する
  • 業者が現場視察をする
  • 業者から見積もりが送られてくる
  • 見積もりをチェックして問題がなければ正式に依頼する
  • 作業当日に業者がやってきて遺品整理を行う
  • 作業完了後、業者と依頼者が共に確認して完了

4-5.遺品整理業者に関する注意点

遺品整理の需要が高まる中、悪質業者の参入が増えています。たとえば、人が亡くなった情報を元に、遺族の元に直接訪れ、すぐに遺品整理をしたほうがいいと契約を急ぐところもあるのです。遺族の気持ちを無視して、強引に契約をしようとしたり必要以上に高いプランをすすめたりするので注意しましょう。また、遺品整理中に金銭価値の高いものを無断で持ち出すなどのトラブルも急増しています。遺品整理の依頼は、事前にきちんと調べ、信頼できると判断した業者に依頼しましょう。

5.遺品整理の手順や流れに関するよくある質問

最後に、遺品整理の手順や流れに関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.自分たちだけで遺品整理をする場合、1週間程度で可能ですか?
A.現場の状況と物量によります。比較的キレイに整頓されていて、ものが少ない場合は、自分たちだけで遺品整理が完了することもあるでしょう。ゴミ出しや不用品処分の手間を考えても1週間あれば、問題ありません。ただし、孤独死を迎えた場合や、ゴミ屋敷のような状態では、1週間あっても自分たちだけで対応できないでしょう。無理をせず、業者に依頼してください。

Q.形見分けは必ずするべきでしょうか?
A.必要ありません。形見分けは、故人をしのぶために遺品を遺族で分けることです。しかし、今は形見分けをしないケースも増えています。希望する人がいるときだけ、行えばいいでしょう。ただし、親族にはひとこと形見分けはしない予定であることを伝えてください。後日、不満が出ることがあります。

Q.どんな遺品が買い取り対象になるのですか?
A.遺品で買い取りになりやすいものには、以下のようなものがあります。状態によっては、買い取り不可となることもあるので、詳しくは業者に確認してください。

  • 製造後3年以内の家電
  • 家具
  • 貴金属類
  • 趣味のコレクション
  • 人気ブランド品のバッグ
  • 着物
  • 骨とう品

Q.遺品を探してもらうことはできますか?
A.可能です。遺品の特徴を業者に伝え、遺品整理中に探してもらいましょう。ただし、見つかる保証はありません。捜索を依頼することはできても、責任を問うことはできないことを理解しておきましょう。

Q.遺品を雑に扱われて傷がついたときは補償してもらえる?
A.誠実な業者であれば、きちんと保証してくれます。まずは、作業中についた傷であることを証明するために、画像撮影をしておきましょう。スマホなどでの撮影でいいので、撮影日時も同時に記録してください。業者に連絡するときに、画像を添付すれば話がスムーズに進みます。

まとめ

今回は、遺品整理の手順や流れについて詳しく解説しました。遺品整理を効率よく進めるためには、最初に手順をしっかり確認しておくことが大切です。適当に作業を始めてしまうと、途中で挫折しやすいので気をつけましょう。なお、遺品整理は専門業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。自分たちで行うよりもスムーズに作業が進み、時間や労力の節約にもなります。この記事を参考にし、信頼できると判断したところに依頼すれば安心です。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休