遺品整理で売れるものが出てきた! 売却の方法や注意点とは!?


遺品とは、故人が使用していた衣類や持ちもの・家具家電・趣味の品の総称です。今、遺品整理に悩む人が増えています。「まだ十分に使える遺品だけれど不要なので、できれば買い取ってほしい」と思っている人も多いことでしょう。
そこで、今回は遺品の中で売れるものの特徴や、遺品整理の方法について解説します。

  1. 遺品とは何か
  2. 遺品を売却する方法
  3. 遺品を買い取ってもらえるところ
  4. 遺品の買取に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、遺品整理もスムーズに行くことでしょう。遺品整理の方法に悩んでいるという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.遺品とは何か

前述したように、遺品とは、故人が使っていた衣類・家具家電・趣味の品など、現金や有価証券・不動産等、遺産以外のものすべてです。個人の持ちものが少なかった時代は、形見分けといって遺品を遺族や友人に分けてしまえばそれでおしまいでした。しかし、今は個人の持ちものも増え、家具や家電など大型なものも遺品として残されるようになり、遺品整理が必要になったのです。
遺品は遺産とは異なり、処分方法などに法律による規定はありません。誰に譲っても大丈夫です。
遺品整理は子どもや孫、兄妹など故人に近い遺族が行うことが一般的ですが、前述したように近年は遺品整理に悩む人も増え、業者に対応を任せる人も多くなりました。また、終活(しゅうかつ)という考え方も浸透してきており、生前に自分の持ち物をある程度整理する「生前整理」を行う人も増えています。それでも、遺品の整理ができない、方法が分からないと悩む人は後を絶ちません。
 

2.遺品を売却する方法

この項では、遺品の中で売れるものの特徴や、売る方法などを解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.遺品の中で売れるものとは?

一口に遺品といっても、いろいろなものがあります。その中でも値段がつきやすいものは、以下のようなものです。

  • 製造から5年以内の家電
  • ブランド家具・民芸家具
  • 発売されて3年以内のブランド品の洋服
  • 着物
  • 骨董品(こっとうひん)・美術品
  • 書籍
  • ホビーグッズ
  • 釣り具・カメラなどの趣味の品

こうしてみると、意外と売れるものが多いことが分かるでしょう。なお、宝石や貴金属類は価値がはっきりとしているので、遺産扱いした方がいいですね。

2-2.遺品を売却するメリット

遺品の中には、「好きな人には価値が高いものだけれど、遺族には不要なもの」というものも、珍しくありません。また、家具や家電も「同じものがすでにあるので不要になった」というケースも多いでしょう。そのまま捨てればゴミになってしまいますが、売却すれば再利用が可能です。限られた資源を有効に使えば、エコ活動にもつながるでしょう。

2-3.売却に注意が必要なもの

遺品を売却する場合、家具や家電、洋服・着物などは購入した値段よりも安価な値段しかつかないことがほとんどです。しかし、美術品・骨董品(こっとうひん)・書籍・ホビーなどは、プレミアがついて買ったときの何倍もの値段がつくこともあるでしょう。その場合、売却した利益を巡って遺族同士が争うこともあります。ですから、プレミアがつきそうな品物、もしくは購入したときの何倍もの値段がついた品物は遺産扱いにしましょう。その方が、トラブルが少なくなります。
また、パソコンを売却する場合は中のデータをすべて消去したうえで売却しましょう。クレジットカードのデータや銀行口座の暗証番号などが残っていた場合、それが流出すれば大変なことになります。

2-4.売却できないもの

元値がいくら高くても、汚れているものや保管状態が悪いものは値段がつきません。また、食器類はいくらきれいでも使用した品は値段がつきにくいでしょう。ブランド品の洋服も、流行おくれのものは買い取ってもらえません。家電も、製造から5年以上たったものは、いくら高性能でも値段がつかなくなります。ですから、遺品を売却したいという場合はできるだけ速やかに行うことが大切です。

3.遺品を買い取ってもらえるところ

この項では、遺品を売却できる業者を解説します。こちらもぜひ参考にしてください。

3-1.リサイクルショップ

中古品を売却するという場合、まずイメージされるのはリサイクルショップです。近年は、着物・家電・家具・パソコンなどを専門的に扱うリサイクルショップも増えました。特に、着物やパソコンは専門のリサイクルショップの方が査定が正確です。大型の家具や家電を売却したいという場合は、家まで査定に来てくれる業者もあります。

3-2.美術商・骨董商(こっとうしょう)

美術品や骨董品を売買したい場合は、専門業者に依頼しましょう。故人が骨董や美術品を集めていた場合は、懇意にしていた業者があるはずです。そのような業者に査定や買い取りを依頼する方法もあります。また、古本も初版本の漫画など価値があるものがあるので、コミック専門の古本屋などに査定を依頼しましょう。

3-3.インターネットオークション

インターネットオークションでは、いろいろなものが出品されています。リサイクルショップで値段がつかなかったものも、オークションでは落札者が出る、ということもあるでしょう。ただし、遠方の人に落札された場合は、こん包と発送の手間がかかります。たとえば、大型の家電を出品して落札された場合、送料だけで1万円近くかかることもあるでしょう。ですから、よく考えて出品するものを選んでください。

3-4.不用品回収業者

遺品が多いので売却できるものは売却し、値段がつかないものも回収してほしいという場合は、リサイクル買取サービスのような回収と買取の両方を行っている業者を利用しましょう。回収費用から売却した値段を引いてくれるので、お得に短時間で遺品整理ができます。家まで回収に来てくれるので、査定に出向く手間もかかりません。「遠方に住んでいるが、親の遺品を整理しにきた」という場合にも便利です。

4.遺品の買取に関するよくある質問

Q.値段がつきやすいホビー商品には、どのようなものがありますか?
A.ブリキのおもちゃや懸賞品、最近ではカードゲームのレアカードなどが高値が付きやすいでしょう。

Q.骨董品や美術品を博物館に寄付することはできますか?
A.よほど貴重な品でなくては、寄付はできません。

Q.故人の蔵書を図書館に寄付することはできますか?
A.資料的な価値がない場合は、寄付するのは難しいでしょう。

Q.古くても価値がある電化製品はないのですか?
A.AV機器のアンプやスピーカーは古くても高値がつくものもあります。アンプやスピーカーが遺品の場合は、専門業者に査定してもらいましょう。

Q.着物などは買ったときよりも高く売れないのでしょうか?
A.現在は、正絹の着物でも作家の一点ものでないかぎり、高値はつきにくいのです。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は遺品の中で売れるものについて解説しました。売れるものは意外と多いのですが、高値で売却できるものはほとんどありません。新しいものほど値段がつきやすいので、不要になったと分かった時点で売りに出しましょう。また、コレクションをしている人は、集めているものの価値や値段を分かりやすくまとめておくと、いざというときに役立ちます。価値が分かる人が限られているものを持っている場合は、60代以降になったら譲り先を決めておくのもいいですね。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休