不要になった一眼レフカメラは買取に! お得に処分するための5項目


「使わなくなった一眼レフカメラを処分したい」「処分方法が分からない」とお困りではありませんか? 初心者でも本格的な撮影ができる一眼レフは、今やデジタルコンパクトカメラを上回る人気です。しかし、近年はスマホで写真を撮る人も増えてきており、出番が少なくなった一眼レフが家に眠っているという家庭も多いのではないでしょうか。一眼レフは中古市場でも人気が高いため、処分するなら買取に出すのがおすすめです。この記事では、一眼レフの買取に関する情報を詳しくご紹介します。

  1. 一眼レフの買取について
  2. 一眼レフの買取、条件やポイントは?
  3. 一眼レフの買取方法
  4. 一眼レフの買取業者選び
  5. 一眼レフの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、不要になった一眼レフカメラを買取に出すメリットや方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてお得に処分してください。

1.一眼レフの買取について

まずは、中古市場での需要や買取に出すメリットなどをご紹介します。

1-1.一眼レフカメラとは?

一眼レフとはカメラ構造の一種であり、一つのレンズで撮影と構図決めが可能なカメラの総称です。ファインダーからのぞいた景色をそのまま写真に撮影できることから、本格的な写真を撮りたい人から大変人気を集めています。一眼レフの具体的な特徴は以下のとおりです。

  • ピント合わせが早い
  • 高画質
  • 背景をぼかすことができる
  • 用途に合わせてレンズを付け替えることができる
  • ファインダーでライブビューが確認できる

1-2.中古のニーズ

一眼レフはデジタルコンパクトカメラに比べて高額なため、中古での購入を望んでいる人も少なくありません。最近はスマホの普及によりカメラを持たない人も増えてきていますが、ここぞというときに「高画質で本格的な写真を撮りたい」と思うこともあるでしょう。そんなときのために、中古で安い一眼レフを購入しようとする人が多いのです。そのため、一眼レフの中古でのニーズは非常に高くなっています。

1-3.買取に出すメリット

まだ使える一眼レフは、廃棄するよりも買取に出したほうがメリットは大きいでしょう。もともと高額なお金を出して購入したものなので、買取に出して少しでもお金をもらえたほうが絶対にお得ですよね。また、一眼レフの中には貴重な資源が含まれています。ゴミとして捨てて資源をムダにするよりも、買取に出して有効活用したほうが地球環境にもやさしい方法といえるでしょう。

2.一眼レフの買取、条件やポイントは?

買取できる一眼レフの条件や人気のメーカー、高額査定のポイントなどをまとめました。

2-1.買取の条件とは?

一眼レフも状態によって買取できるものとできないものがあります。基本的に、正常に動作して状態が比較的きれいなものであれば買取対象になるでしょう。しかし、古いものや汚れ・カビ・傷などが目立つものは買取してもらえない場合がほとんどです。

2-2.人気の種類、メーカーとは?

中古での人気が特に高いのは、デジタル一眼レフカメラです。ピント合わせや構図の確認が簡単にでき、コンパクトデジタルカメラのように液晶画面を見ながら撮影することができます。初めて一眼レフに挑戦する人は、デジタル一眼レフを購入することが多いでしょう。人気のメーカーには、キヤノンやニコン・ソニー・オリンパス・ペンタックス・富士フィルムなどがあります。

2-3.高額査定のポイント

一眼レフを高額査定してもらうためのポイントは以下のとおりです。
  • できるだけきれいに掃除しておく
  • 外箱や説明書・レンズキャップなどの付属品をそろえておく
  • 正常に動作するか確認しておく
  • 複数台ある場合はまとめて依頼する
  • 買取の依頼先を比較して選ぶ

2-4.相場について

一眼レフの買取相場は、依頼した業者やお店によって異なります。同じ一眼レフでも依頼先によって買取金額が全く違ってくる場合もあるため、できるだけ事前に査定結果を比較しておくのがおすすめです。一般的に、フィルム一眼レフカメラに比べてデジタル一眼レフカメラの買取相場のほうが高くなっています。

2-5.レンズの買取について

一眼レフのレンズを買取に出すことも可能です。ただし、カビや曇り・傷などがないかをしっかりと確認しておいてください。正常に動作しないものは買取対象にならない場合もあります。

2-6.売るタイミングのポイント

一眼レフを買取に出すなら、タイミングを見極めることも大切です。特に、春や秋などの行楽シーズンにはカメラの購入者が増えるため、その直前を狙って買取を強化する業者も多いでしょう。

2-7.注意点

一眼レフは、次々と新製品が発売されているため、早く買取に出すほど高額査定の可能性が高くなります。「もう使わなくなったので手放したい」と思ったら、できるだけ早く買取に出すことを検討しましょう。迷っているうちに時間がたって価値が下がってしまいます。

3.一眼レフの買取方法

一眼レフを買取に出す方法や注意点などをまとめました。

3-1.買取してくれるところとは?

一眼レフの買取を受け付けているところには、リサイクルショップやカメラ買取専門店・不用品買取業者などがあります。カメラを専門的に買取しているお店であれば適切な買取価格で取引してもらえる可能性が高いでしょう。しかし、近所にない場合は店探しから始めなければならないため、少々手間がかかります。リサイクルショップは専門店に比べると買取価格が下がる傾向にありますが、壊れていなければ買取してもらえるため手軽な方法といえるでしょう。一眼レフ以外にも処分したいものがある場合や、急いで処分したい場合などは、不用品の回収や買取を行っている業者に依頼するのが一番です。状態のよいものは買取、悪いものは回収という形で引き取ってくれます。

3-2.一眼レフの買取相場

一眼レフの買取相場はカメラの状態や性能によって幅があります。もともとの値段が高いものは中古でも数万円~数十万円の査定額になることもあるでしょう。たとえば、定価が60万円するニコンのデジタル一眼レフだと、40万円前後の買取相場になる場合もあります。

3-3.査定について

一眼レフの査定額は、以下のポイントをチェックして決められるのが一般的です。
  • メーカー
  • 機種
  • 発売年代
  • 保存状態
  • 付属品の有無

3-4.回収方法

一眼レフの買取を依頼した場合、回収方法には主に「店頭持ち込み」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。業者やお店によって回収方法は異なるため、それぞれのメリットとデメリットを比較した上で自分に合ったものを選択するとよいでしょう。

3-5.注意点

一眼レフを掃除する際には、洗剤や薬剤を使わないように注意してください。変色や変形の原因になり、買取できない状態になってしまう可能性もあります。汚れがひどいときは、水でぬらして固く絞ったやわらかい布で丁寧に拭き取りましょう。レンズは傷つきやすいため、拭かないようにしてください。

4.一眼レフの買取業者選び

一眼レフの買取業者を選ぶ際のポイントや流れなどをまとめました。

4-1.業者選びのポイント

買取業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にしてください。
  • 豊富な実績があるか
  • 回収と買取を同時に受け付けているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 不用品回収や買取の事業に必要な許可を得ているか
  • 事務所の所在地や固定電話の番号をホームページに掲載しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーであるか

4-2.売る前にするべきこと

デジタル一眼レフカメラを買取に出す場合は、メモリーカードを抜き忘れないように注意してください。画像が抜き取られて悪用されてしまう可能性もあります。自分だけでなく写っている人もトラブルに巻き込んでしまうため、必ず抜き取って初期化をしておきましょう。

4-3.買取方法・流れ・申し込み方法

不用品の回収と買取を行っている「リサイクル買取サービス」は、以下のような流れで利用できます。

4-4.注意点

不用品の回収や買取を行っている業者の中には、必要な許可を持たずに営業している違法業者もあります。そういった業者を利用すると、料金をだまし取られたり不用品を不法投棄されたりする可能性もあるのです。トラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは十分慎重に行ってください。

5.一眼レフの買取に関するよくある質問

「一眼レフを買取に出したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。
 
Q.一眼レフの寿命はどのくらいですか?
A.一眼レフカメラの寿命はシャッター回数で決まります。シャッター回数の限界は機種によって異なるため、耐用回数を超えたときがそのカメラの寿命といえるでしょう。使用頻度が少なめできちんとメンテナンスをしていれば、10年以上持つ場合もあります。
 
Q.一眼レフの寿命を縮める使い方を教えてください。
A.高温下での保管や雨・湿気にさらすことは一眼レフの寿命を縮めます。また、カメラの内部に砂が入ってしまうと大きなダメージを与えることになるため、海などに持って行くときは絶対に注意が必要です。
Q.自治体を利用して一眼レフを廃棄するにはどうしたらよいでしょうか?
A.自治体によっては小型家電として回収ボックスで回収しているところもあるため確認してみましょう。
 
Q.一眼レフのほかにも処分したいものがたくさんあります。まとめて処分するおすすめの方法は何ですか?
A.不用品の回収と買取を同時に受け付けている業者に依頼しましょう。自分で分別する必要もないため、手間をかけずに処分できます。
 
Q.悪質な不用品買取業者の特徴を教えてください。
A.突然訪問してくる業者はほぼ悪徳業者であるということを覚えておきましょう。断ってもしつこく営業され、警察沙汰に発展するケースも実際にあります。

まとめ

いかがでしたか? 一眼レフを買取に出すメリットや方法などをまとめてご紹介しました。一眼レフは中古市場でも人気が高いため、まだ使える状態なら捨てずに買取に出すのが一番です。状態によっては高額で買取してもらえるか可能性もあるため、思わぬ収入になることもありますよ。ぜひこの記事を参考にして、お得に一眼レフを手放してください。

24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休