アンプをお得に売るコツとは? 買取方法・業者の選び方などを解説!


「アンプ」は、オーディオ関連機器の1つです。CDプレーヤー・レコードプレーヤーからの音を増幅させるには、アンプが必要となります。良質で大きな音を楽しむために必要不可欠な音響機器だからこそ、人気メーカーのものは愛用者が多く、高値で売買されることもあるのです。使う予定のないアンプは処分するのではなく、買取サービスの利用をおすすめします。しかし、どうやって買取に出せばよいのか分かりませんよね。そこで、本記事では、アンプの買取の基礎知識から買取できるもの・方法について説明します。

  1. アンプの買取について
  2. 買取できるアンプについて
  3. アンプの買取方法
  4. アンプの買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、アンプをお得に売るための方法とコツが分かります。買取の利用を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.アンプの買取について

お得に売るためには、アンプの買取について知ることが大切です。アンプとはどのようなものなのか、買取のニーズとメリットについても説明します。

1-1.アンプとはどんなものか

アンプは「アンプリファイア(amplifier)」、増幅するという意味を持つ言葉からきています。CDプレーヤー・レコードプレーヤーから読み取る音楽の信号は非常に小さめです。そのままでは、スピーカーから大きな音を出す力がないため、アンプで信号を増幅しスピーカーへ送って音を鳴らします。つまり、アンプは、音を増幅することが主な役割です。
ほかにも、どの音源を鳴らすのかを選ぶ入力切り替え・音質と音量の調整なども行う音響機器となります。
また、アンプにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なるのです。主な種類と特徴を以下にピックアップしてみました。

  • 真空管アンプ:真空管を利用して音を増幅。音質が暖かくやわらかみがある
  • プリメインアンプ:最も主流なタイプで初心者向き。コンパクトに収まり、操作性がしやすい
  • パワーアンプ:スピーカーなどに出力するための駆動力。ほかのアンプに比べて大きな電流を流すことができる

1-2.買取のニーズ

アーティストなど音響機器にこだわりを持っている人は、アンプを吟味する傾向があります。しかし、ほとんどのアンプは簡単に購入できる金額ではありません。高額機器だからこそ、できるだけ費用を抑えたい方は中古品をチェックするのです。アンプの中古需要は高めなので、買取を強化している業者もあります。特に、人気メーカーの機器や、アンティーク系のアンプは高価買取が期待できるでしょう。

1-3.買取のメリット

アンプを処分することになれば、費用がかかってしまいます。しかし、買取を利用すれば費用をかけずに手放すことができるでしょう。さらに、査定額の分だけお金を得ることができます。まさに、買取は一石二鳥ともいえる方法です。
中には、愛用していたアンプを処分することに、ためらいを覚える方もいるでしょう。欲しがっている人のもとで再び使ってもらうことができたら、気持ち的にも楽に手放すことができます。処分に悩んでいる方は、ぜひ買取を利用してください。

2.買取できるアンプについて

では、買取できるアンプとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、査定前に知っておきたい買取の条件などについて説明したいと思います。

2-1.買取の条件・種類について

基本的に、正常に稼働できるアンプが買取対象です。壊れていて使えない・不具合や不調が出ているものは、買取不可になる可能性があります。プリメインアンプは「ノイズが入りやすい」といわれていますが、多少のノイズであれば買取対象内でしょう。しかし、音が聞き取りにくいほどのノイズが発生している場合は、買取が利用できないおそれがあるので要注意です。
また、2001年以前に製造されたアンプの場合は、「PSEマーク」がついていない可能性があります。「家電用品安全法」という法律によって、PSEマークがついていない製品はリサイクル店で販売することができません。そのため、PSEマークのついていない商品は買取が難しい傾向があります。

2-2.人気メーカーについて

アンプの人気メーカーといえば、「Marshell(マーシャル)」「Fender(フェンダー)」「ORANGE(オレンジ)」があります。ほかにも、「VOX(ヴォックス)」「pignose(ピグノーズ)」「Roland(ローランド)」などです。これらのメーカーは、アンプだけでなくさまざまな楽器・音響機器の販売を行っています。人気メーカーから出ているアンプは一般の人・プロのミューシャンにも愛用者が多いのが特徴です。

2-3.高額査定のポイント

アンプセットで査定に出すことが、高額査定の大きなポイントです。相性のよいアンプとチューナー・シールドの組み合わせで「アンプセット」になるところが多いでしょう。アンプだけでなく、セットのままで買取に出したほうが、買い手もつきやすいので買取額がアップする可能性があります。
また、購入時についてきた取扱説明書・保証書・ケーブル・各種補助部品・座台等の付属品も一緒に出しましょう。付属品があることで、買取額がアップすることがあります。

2-4.買取相場について

アンプの種類によって販売額もバラバラなので、買取相場も異なります。あくまで目安となりますが、買取相場は数万円です。1万円台になるものから、7万円台で売れるものもあります。音の状態・付属品の有無などでも買取額に差が生じるため、具体的な買取額を知りたい場合は査定を依頼したほうがよいでしょう。

2-5.付属品について

【2-3.高額査定のポイント】で話をしたとおり、付属品を一緒に査定へ出すと買取額がアップする可能性があります。付属品はアンプのメーカーで異なるため、購入時に何が入っていたのか確かめておきましょう。また、査定の際に、事前に付属品の有無を伝えておけば、取り引きもスムーズに行うことができます。

2-6.注意点

状態がよいアンプほど高く売れる傾向があるため、きちんと管理することが大切です。滅多に使わないアンプは、「ガリ」と呼ばれるノイズが入りやすくなってしまいます。ガリの生じたアンプは買取不可になる可能性があるので注意しなければなりません。使わなくなったアンプは通電する機会も激変するため、ガリが生じやすくなるでしょう。良質な音を維持するためには、定期的に通電することが大切なのです。

3.アンプの買取方法

スムーズに買取をすすめるために、アンプの買取方法をチェックしておきましょう。

3-1.買取してくれるところ

リサイクルショップ・不用品回収業者・買取専門店・音響機器を扱っている店舗などさまざまです。できれば、買取実績のある業者を利用したほうがよいでしょう。また、買取だけでなく不用品処分も行っている業者なら、買取不可になってもすぐに処分できます。ライフスタイルや、そのときの状況に合わせた買取先を見つけることがポイントですね。

3-2.業者の選び方

さまざまな業者がある中、どこに依頼すべきか悩むと思います。そんなときは、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 買取の実績がある
  • 買取だけでなく不用品回収も行っている
  • 低価格での処分・高額買取が可能
  • 無料相談・無料見積もりを行っている
  • 古物商許可を取得している
  • 即日対応が可能

不用品回収・買取を行っている「リサイクル買取サービス」では、24時間年中無休で対応しています。不用品買取・回収実績があり、ジャンルを問わず幅広い品物の買取が可能です。ぜひ1度お問い合わせください。

3-3.売る前にするべきこと

まずは、正常に稼働するか、出る音に問題がないか、作動確認をしてください。ガリが入っている場合は、ガリ抜きをするのも選択肢の1つです。電気機器の扱いに慣れている人なら、定期的なメンテナンスの1種としてガリ抜きに挑戦するとよいでしょう。ただし、不安な方は無理にしないことをおすすめします。無理にガリ抜きをすると、アンプが壊れる可能性もあるので注意してくださいね。
また、メーカー・モデル名・型番をチェックしておきましょう。付属品があれば、きちんとそろっているかどうかも確認してください。音だけでなく、外観も重視されるので汚れやホコリをキレイに取りのぞくことが大切です。

3-4.買取の流れ

リサイクル買取サービス」における買取の流れを、以下にピックアップしましたので参考にしてください。

  1. 電話またはホームページのフォームから無料見積もりを依頼する
  2. 買取希望商品の情報をを確認後、打ち合わせで訪問日時を決める
  3. 自宅にスタッフがやってきて、査定・見積もりを提示する
  4. 買取額に納得したら、その場で現金買取

3-5.注意点

出張買取で査定額に納得いかない場合、キャンセル料金を請求する業者がいます。買取を利用しないのに無駄なお金を払いたくはありませんよね。後でトラブルにならないためにも、事前に追加料金の有無やキャンセル料などを確認しておきましょう。「リサイクル買取サービス」の場合は、キャンセル料がかかりませんのでご安心ください。

4.アンプの買取に関してよくある質問

アンプの買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.ネットオークションで売ることはできるのか?
A.買い手が見つかればすぐに売却できます。ネットオークション自体、登録をすれば自分で出品額を決めて売りに出すことができるため、利用者も増加中です。しかし、利用者が増えると同時に、出品者と落札者との間でのトラブルも増えています。たとえば、「商品を送ったのに入金されない」「商品にケチをつけられた」などです。これらのトラブルを防ぐためには、ほかの方法で売ることをおすすめします。

Q.アンプが高く売れる時期・タイミングとは?
A.アンプは、次々と新しいモデルが発売されるので早めに売ったほうがよいでしょう。査定のタイミングを逃して放置しておくと、どんどんアンプの価値が下がり売りものにならなくなることもあります。また、長期的な保管はホコリ・汚れが内部に入り込む原因となり、ガリの発生につながるでしょう。良質な音のまま売却するためにも、早めに買取してもらってください。

Q.電子楽器専門店に売却したほうがよいのか?
A.ギター・ベースをつなげていたアンプを処分する場合は、楽器専門店のほうが高く売れる可能性があります。アンプの知識が豊富なので、適正価格で買取してくれるでしょう。しかし、買取不可になる場合は処分ができません。再び家に持ち帰り、ほかの方法で処分しなければならないという手間がかかってしまいます。よりスピーディーに処分したい方は、買取・処分を行っている業者に依頼したほうがよいでしょう。

Q.どのような種類が高く売れるのか?
A.オーディオ機器に接続するタイプだけでなく、ギター・ベースに接続するアンプも高額買取の傾向があります。高出力タイプ・スピーカー一体型のアンプなどが高く売れるでしょう。買取額の目安を知りたい方は、複数の業者に査定を依頼してください。そうすれば、その中から高値で売却できる業者が選択できます。

Q.業者とトラブルになったときの対処法が知りたい
A.すぐに、国民生活センターか、消費者センターに相談してください。1人で抱え込んでしまいがちですが、それではいつまで経(た)っても問題が解決しません。時間が延びるたびに問題も深刻化し、解決策が狭まってしまいます。できる限り、早めに相談したほうが解決策も選択できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? アンプは音を増幅させるだけでなく、音源の入力切り替え・音質と音量の調整などの役割も担うオーディオ関連機器です。音にこだわりを持っている方や、プロのミュージシャンは、人気メーカーのアンプを愛用しています。販売額が高めなので、できるだけ安く手に入れたいという方も多く、中古の需要も増加しているのです。アンプの処分を考えいる方は、「買取」も選択肢に入れるとよいでしょう。音の状態がよく、正常に稼働するものなら、買取してもらえる可能性があります。また、買取不可になっても処分回収を行っている業者に依頼すれば、買取・処分が同時にできるので手間と時間がかかりません。買取のポイントを押さえて、お得に処分しましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休