廃品回収の際に起こるトラブル事例は? 正しい業者の選び方と共に解説


廃品回収業者(不用品回収業者)とは、家庭から出る不用品を回収・買取してくれる業者のことです。不用品を一度に処分したいという人にとっては大変便利なので、利用を考えている方もいることでしょう。しかし、廃品回収業者の中にはトラブルが多発しているところもあり、業者の選び方が重要です。
そこで、今回は廃品回収業者との間であったトラブルの事例や、業者の選び方を解説しましょう。

  1. 廃品回収業者とは何か?
  2. 廃品回収業者とのトラブルとは?
  3. 優良な業者の選び方
  4. 廃品回収やそのトラブルに対するよくある質問

この記事を読めば、廃品回収業者の選び方で迷うことはありません。廃品回収業者(不用品回収業者)を探している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.廃品回収業者とは何か?

廃品回収業者(不用品回収業者)とは、家庭や法人事業所から出た不用品を回収・買い取りしてくれる業者のことです。家や会社まで回収に来てくれる業者も多いので、一度に多量の不用品を処分したいという場合にも便利でしょう。引っ越し前や親の家を片付けているときなどに利用すると、効率よく片づけを行えます。また、買い取りと回収の両方を行っている業者ですと、買い取れるものは買い取ってもらえるので、回収費用の節約にもなるでしょう。
ただし、回収費用は業者によって異なり、時期によっては予約がいっぱいで回収に来てくれるまで時間がかかるので、業者選びが大切です。

2.廃品回収業者とのトラブルとは?

この項では、廃品回収業者との間で実際にあったトラブル事例や、トラブルを起こしやすい業者の特徴などをご紹介します。どのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか?

2-1.廃品回収業者との間であったトラブルの事例

  • 無料で回収するという話だったのに、実際は無料ではなかった
  • 見積金額よりもかなり高い金額を請求された
  • 回収費用のほか、人件費や出張料などの名目で高額な料金を請求された
  • 回収されたはずの不用品が不法投棄されていた
  • 貴金属や宝石など、高価なものを無理やり安価で買い取っていった

などのトラブルが、実例として報告されています。中には脅されるように料金を払ってしまったというケースもあり、国民生活センターなどでも注意を呼びかけているのです。

2-2.トラブルを起こしやすい業者の特徴

2000年代からゴミ回収の分別や規制を厳しくする自治体が増え、それに伴って廃品回収業者の需要も増えました。その結果、他業種から廃品回収業者にくら替えし、悪質な手段で荒稼ぎする業者も出てきたのです。トラブルを起こしやすい業者の特徴には、

  • 街中を軽トラックで流しながら、不用品回収を呼びかける
  • 自宅に直接セールスにやってきて、不用品回収や買い取りを持ちかける
  • しつこくセールスの電話をくり返す

といったことが挙げられます。このような業者は、「無料」「格安」などの言葉はくり返しますが、具体的な回収費用などは回収直前まで提示しません。また、トラックで街を周っているような業者は会社の所在地すら不明のところが多く、後日に交渉をしようとしても電話がつながらない、ということも多いのです。
さらに、悪質な業者の場合は問題が大きくなってくると会社をたたみ、ほとぼりが冷めたころに会社名を変えて廃品回収業を再開するところもあります。

2-3.トラブルの対処方法

廃品回収業者とのトラブルを防ぐためには、廃品をトラックなどに積みこむ前に料金をしっかりと確認しましょう。積みこんだ後では、「料金を払わないのならば、自分でトラックから荷物を降ろしてください」などと言われることもあります。また、小さいものは料金を確認した後で納得できないのならば、業者に引き渡さずに持ち帰りましょう。
暴言などの脅し行為をされた場合は、その時点で警察に連絡してください。業者に高額な料金などを支払ってしまった場合は、お住まいの自治体にある消費生活センター等に相談しましょう。ただし、相談をしても料金が返ってくる可能性は残念ながら低いのです。

2-4.無料で回収を行っている業者はすべて悪質業者なの?

不用品を無料で回収してくれる業者は、すべて悪質というわけではありません。古紙・家電・パソコン・金属製品などはリサイクルできるものが多数あり、無料で回収することもできます。ひと昔前によく街を周回していた古紙回収業者も、無料で古紙などを回収していました。ですから、無料で回収している理由をきちんと説明している業者は、悪徳業者ではありません。近年では、パソコンや小型家電を無料回収している家電量販店や業者もあります。

3.優良な業者の選び方

この項では、優良な廃品回収業者の選び方を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.会社の所在地がはっきりとしている

優良な廃品回収業者は、会社の所在地を名刺や会社のホームページ等に明記しています。また、連絡先も携帯電話のほか、固定電話の番号が記載されている会社は信用できるでしょう。また、きちんと都道府県等に廃品回収の許可や古物買取の許可を得ている業者は、その旨をホームページ等に記載しています。それも、業者を選ぶ目安になるでしょう。

3-2.見積もりが丁寧で正確

多数の不用品を回収してもらう場合、見積もりを作成してもらいます。その見積もりが丁寧な会社を選びましょう。「実際に回収してみないと、正確な料金は分からない」という業者は利用しないほうがいいですね。また、「安くしますから見積もりはしません」などという会社も、利用しない方がよいでしょう。

3-3.料金が高すぎない・安すぎない

廃品回収の料金は業者によって異なりますが、家庭から出る不用品回収の場合は、数千円~数万円代が相場です。家の中をすべて空っぽにしてほしいなどという依頼をしない限り、10万円以上の費用がかかることはないでしょう。逆に、多数の不用品を回収してもらったのに「無料で結構です」という業者も注意が必要です。現在はものを捨てるのにもお金がかかります。あまりにも安すぎる業者は、不法投棄などの違法行為をしている可能性があるので、利用しないほうがよいでしょう。

3-4.口コミの評判がよい

最近では、悪徳業者の評判はインターネット上で素早く広がります。業者名を検索し、悪い評判がないかどうか確認してから申し込むのも、一つの方法です。

4.廃品回収やそのトラブルに対するよくある質問

Q.廃品回収業者は、なんでも回収してくれるのですか?
A.農薬などの毒物、灯油等の危険物・生き物などは回収してくれません。注意しましょう。

Q.廃品回収業者との間でトラブルになった場合、警察に届けたほうがよいのですか?
A.はい。詐欺事件等で届けを出すことはできます。しかし、業者の会社所在地などが分からなければ、届けを出すことはできませんので、注意が必要です。

Q.廃品回収業者が、偽名などを使っていることはあるのでしょうか?
A.はい。トラックで街中を流しているような業者は、電話番号や名前を偽っていることもあります。

Q.悪徳業者が逮捕された場合、不当に払った回収料などは返還されるでしょうか?
A.返還要求はできますが、実際に返還されるという保証はありません。

Q.廃品回収業者への正しい依頼の仕方はどのようなものですか?
A.インターネットやイエローページなどで業者を探し、メールや電話などで依頼してください。対応が丁寧な会社は信用できます。

5.おわりに

いかがでしたか。今回は廃品回収業者とのトラブル事例や、業者の選び方などを解説しました。不用品がたくさん出て、今すぐ処分したいというときは、つい声をかけられた業者に依頼してしまいがちです。しかし、トラブルを予防するためには、自分で業者の評判を調べて、依頼しましょう。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休