ブルーレイレコーダーの買い替え方! 不要なものは賢く買い取りへ!


ブルーレイレコーダーを買い替える前に、最適なタイミングや新しいブルーレイレコーダーの選び方について知っておきましょう。「最近、ブルーレイレコーダーの調子が悪くなってきた」「新製品が発売されたので買い替えたい」という人も多いと思います。家電には必ず寿命があるため、買い替えを検討するときはいつかやってくるでしょう。この記事では、ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするポイントや古いブルーレイレコーダーの処分方法をご紹介しています。

  1. ブルーレイレコーダーの買い替えについて
  2. 不要になったブルーレイレコーダーについて
  3. ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするよくある質問

この記事を読むことで、ブルーレイレコーダーの買い替えについて知っておくべきことが分かるはずです。ぜひ参考にして納得のいく買い替えをしてください。

1.ブルーレイレコーダーの買い替えについて

買い替える時期や選び方のポイントなどをまとめました。

1-1.買い替えの時期や目安とは?

買い替えのタイミングや安く売り出している時期について知っておきましょう。

1-1-1.買い替えるタイミングの目安

ブルーレイレコーダーの寿命は5~7年と言われています。もちろん使用頻度や使い方によっても異なりますが、そのあたりから不具合が現れることも多くなるでしょう。メーカーに修理を依頼しても、部品を保有していないという理由で修理代が高く付くようになります。買い替えたほうが安く済むようであれば、買い替えを検討すべきです。また、ブルーレイレコーダーは毎年新製品が発売されるため、新しいものが欲しくなる人も多いでしょう。現在のものでは満足できなくなったときが、買い替えのタイミングです。

1-1-2.安く売り出す時期とは?

ブルーレイレコーダーの新製品は春や秋に発売されることが多くなっています。新製品の発売直後に旧製品を安く売り出す傾向にあるため「とにかく安く買い替えたい」という人にはこの時期がおすすめです。新製品にこだわりたい人は、家電量販店の決算月に割引価格で売り出される可能性があります。ぜひチェックしてみてください。

1-2.選び方のポイント

新しいブルーレイレコーダーを購入するにあたって、何を重視して選ぶかは人それぞれです。メーカーやデザインはもちろん、データ容量や映像の編集方法なども確認し、そのほかにどのような機能が付いているのか把握してから選ぶようにしましょう。あとは、価格が予算内であるかどうかです。

1-3.買い替える前にやっておくべきこと

買い替える前に、データの移行や処分方法について考えておきましょう。

1-3-1.大切なデータは保存を!

ブルーレイレコーダーの中には、さまざまなデータが保存されていると思います。そのまま処分するとデータごと失うことになってしまうため、大切なデータは必ず移行しておいてください。ブルーレイディスクへ書き出すか、インターネットにつないでオンラインストレージを利用する方法があります。

1-3-2.買い替えに出すなら準備が必要

もし、まだ使える状態であれば、買い取りしてもらう方法も検討しましょう。その際は、少しでも高く買い取りしてもらえるように、きれいに掃除して付属品をそろえておくことをおすすめします。また、個人情報の流出を防ぐために、ユーザー登録シールなどが残っていないか必ず確認しておいてください。

2.不要になったブルーレイレコーダーについて

次に、不要になったブルーレイレコーダーの処分についてご紹介しましょう。

2-1.引き取りについて

不要なブルーレイレコーダーを引き取りしてもらう方法もあります。

2-1-1.メーカーによる引き取り

ブルーレイレコーダーは家電リサイクル法の対象品目ではないため、メーカーに回収義務はありません。しかし、メーカーによっては自社製品の場合だけ、引き取りを行っているところもあるのです。ただし、自社製品への買い替えが条件になることもあるため、必ず事前に確認してください。

2-1-2.家電量販店による引き取り

新しいブルーレイレコーダーを購入する家電量販店に、古いものを引き取りしてもらえないか確認してみましょう。中には、無料引き取りサービスを行っているお店もあります。また、下取り分の金額を新規購入代から割引してもらえる可能性もあるでしょう。もちろんこのようなサービスを行っていないお店もあるため、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

2-2.買い取りについて

状態のよいものは買い取りに出すとお得に処分できます。

2-2-1.メリットとデメリット

買い取りに出すメリットは、処分することでお金を手に入れることができるという点です。また、まだ使えるものをリサイクルすることは資源の節約にもなります。ただし、状態が悪いものは買い取りが不可能な場合もあるというデメリットも覚えておきましょう。

2-2-2.できるものとできないもの

条件によっては買い取りできるものとできないものがあります。一般的に、買い取りが可能なブルーレイレコーダーの特徴は以下のとおりです。

  • パナソニックやソニーなど、有名メーカーのもの
  • 問題なく動作するもの
  • 目立つ汚れや傷がないもの
  • 付属品がそろっているもの
  • 購入から5年以内のもの

上記の条件に当てはまらないものは、買い取りしてもらえない可能性もあります。

2-2-3.買い取り査定について

査定の基準は業者ごとに異なります。同じ条件でも、業者によって買い取り価格がまったく違うこともあるのです。そのため、大体の相場を知っておくことをおすすめします。事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから業者選びをしましょう。

2-2-4.どこに頼むのか?

買い取りを依頼できるのは、以下のようなところです。

  • リサイクルショップ
  • 家電買い取り専門店
  • 買い取りも行っている不用品回収業者

リサイクル買取サービス」は、京都・滋賀対応の不用品買い取り・回収業者です。状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で不用品の引き取りを行っています。こちらから無料見積もりを受け付けているため、ぜひご利用ください。

2-2-5.注意点

不用品の回収や買い取りを行うためには、廃棄物収集運搬業や古物商といった許可が必要です。しかし、そういった許可を持たずに営業している業者も存在しています。許可なく営業することは違法行為です。「料金をだまし取られた」「不用品を不法投棄された」というトラブルも報告されているため、十分注意しましょう。

2-3.リセールについて

自分でオークションやフリーマーケットに出してリセールする方法もあります。うまくいけば希望価格で売れるため、お得に処分できる可能性はあるでしょう。ただし、取り引きや準備に手間がかかるのは確かです。できるだけ手間をかけずに買い取りに出したいのであれば、業者に依頼したほうがよいでしょう。

3.ブルーレイレコーダーの買い替えにかんするよくある質問

「ブルーレイレコーダーの買い替えについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

3-1.ブルーレイレコーダーによくある故障とはどのようなものですか?

A.「ディスクが読み込めないことがある」「映像にノイズが入るようになる」「起動に時間がかかる」「異音がする」などです。このような症状が頻繁に起こるようになると、寿命が近づいているサインと考えてください。

3-2.家電量販店とインターネット、どちらで購入するのがお得ですか?

A.一般的にはネットショップのほうが価格は安い傾向にあります。しかし、送料がかかる場合もあるため、しっかり確認しておきましょう。また、店舗で購入すると設置まで行ってくれるというメリットもあります。

3-3.不要になったブルーレイレコーダーを自分で捨てるにはどうしたらよいですか?

A.ブルーレイレコーダーは小型家電リサイクル法の対象となるため、自治体によって回収方法は異なります。粗大ごみや不燃ごみとして捨てられる自治体もありますし、専用の回収ボックスを設置しているところもあるため、確認してください。

3-4.オークションでブルーレイレコーダーを売る場合の注意点は何ですか?

A.できるだけレコーダーの状態が分かるように写真を載せ、メーカーや年式・状態などを詳しく記載しましょう。そうすることでトラブル防止につながります。

3-5.ブルーレイレコーダーのほかにも処分したいものがある場合は、どうすればよいですか?

A.不用品回収・買い取り業者に依頼するとまとめて回収してもらえます。複数のほうが高く買い取りしてもらえる傾向にあるため、相談してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? ブルーレイレコーダーを買い替える際に知っておくべきことをまとめてご紹介しました。特に、不要になったブルーレイレコーダーの処分に困る人は多いでしょう。「捨て方が分からなくてそのままにしてある」という人もいると思います。状態によっては、買い取りに出してお得に処分できる可能性もあるため、ぜひこの記事を参考にしてください。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休