ごみの正しい分別と処分方法! リサイクルでお得に処分する方法も!


ごみの分別や処分方法について、正しく知っていますか? 家庭で発生したごみを捨てる際は、分別するのが当然です。ごみの種類や状態によって、どのように処分するか、リサイクルできるかが変わってきます。そのため、私たちはごみを正しく分別して捨てなければならないのです。ごみ分別のルールや処分方法は自治体によって違いがあるため、しっかりと把握しておきましょう。この記事では、ごみの分別方法やリサイクルについてご紹介します。

  1. ごみの分別について
  2. ごみ分別の仕方
  3. ごみの処分とリサイクルについて
  4. ごみの処分、リサイクルの方法
  5. ごみの分別に関するよくある質問

この記事を読むことで、ごみを正しくお得に処分する方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ごみの分別について

ごみ分別の必要性や現状についてご紹介します。

1-1.必要性と目的

以前の日本では、ごみを「燃えるごみ」と「燃えないごみ」の2種類に分けていました。プラスチックや電池なども細かく分別するようになったのは、1990年代以降のことです。その背景には、環境汚染の問題やごみの最終処理場が減ったことなどがあります。また、リサイクルを重要視するようになったことも関係しているでしょう。つまり、ごみ分別は環境問題や最終処理場の減少問題を解決することを目的としています。

1-2.現状と今後

現在、日本のごみリサイクル率は世界でもトップクラスと言われています。しかし、同時に日本は「消費大国」と呼ばれていることをご存じでしょうか。ごみの排出量も世界でトップクラスなのです。つまり、リサイクル率は高まっても、わが国が出すごみの量は減っていないということになります。今後の課題としては、ごみの量を減らすことが求められるのではないのでしょうか。無駄なものを買わず、買いものにはエコバッグを持参するなど、個人ができる工夫を考えていくことが大切です。

2.ごみ分別の仕方

ごみの種類や処分方法などをまとめました。

2-1.種類

ごみは大きく「可燃ごみ」「不燃ごみ」「粗大ごみ」「資源ごみ」に分けられます。

  • 可燃ごみ:生ごみやオムツ・紙くず・繊維くずなど、燃やすことができるごみ
  • 不燃ごみ:金属やガラス・陶磁器など、燃やすことができないごみ
  • 粗大ごみ:家具や寝具など、指定のごみ袋に入らない大型のごみ
  • 資源ごみ:缶やペットボトル・びん・電池など、再資源化が可能なごみ

ただし、ごみの分類については自治体によって異なる部分もあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

2-2.ごみ処分の仕方、出し方

種類ごとにごみの出し方をまとめました。

2-2-1.可燃ごみと不燃ごみ

可燃ごみと不燃ごみは、それぞれ分別して指定の有料ごみ袋に入れ、決められた収集日にごみステーションに出しておきましょう。収集日については、各自治体のホームページに収集日カレンダーが載っているので確認してください。

2-2-2.粗大ごみ

粗大ごみを出す場合は、事前に申し込みが必要です。自治体のホームページまたは電話で申し込みをし、料金と回収日・回収場所を確認してください。郵便局またはコンビニで料金分の粗大ごみ処理券を購入し、ごみに貼り付けた状態で回収場所に置いておくと回収してもらえます。

2-2-3.資源ごみ

再資源化が可能な資源ごみは、自治体ごとにルールが定められているところがほとんどです。びん一つにしても透明びんと茶色びんは分ける、紙類はチラシとコピー用紙は分けるというように、細かく決められている自治体もあるため注意してください。資源ごみの種類によって回収日が異なる自治体もあります。各ホームページで確認しておきましょう。

2-3.自治体による違い

ごみの分別や出し方に自治体ごとの違いがある理由には、焼却設備の規模や能力が大きく関係しています。最新の焼却設備がある自治体の場合は、ある程度まとめて処理しても有害なガスが発生しないため、細かく分別する必要がないのです。しかし、焼却設備の処理能力が低い自治体では、各家庭で細かく分別するケースが多くなっています。また、人口の多い都市部ではごみの量も多くなるため、細かく分別すると処理するためにコストがかかってしまうという問題もあるのです。

2-4.注意点

ごみの分別は国民の責務です。ごみを分別せずに捨てることは責務に反することになり、自治体によっては条例違反として罪に問われることもあります。実際に、再三の指導にもかかわらず分別ルールを守らない者に対し、過料を科す制度が設けられている自治体もあるということを覚えておきましょう。

3.ごみの処分とリサイクルについて

ごみをリサイクルするメリットや最近の傾向などをまとめました。

3-1.リサイクルの必要性とメリット

なぜ、ごみとして捨てるものをリサイクルする必要があるのか、その必要性については以下のとおりです。

  • ごみ最終処分場の不足問題を解決するため
  • 資源の節約のため
  • 有害物質の排出を抑制するため

リサイクルすることでごみの量を減らすことができます。ごみ処分場で処理されるごみの量が減ることは、地球にとっても国にとっても大きなメリットがあるということを覚えておいてください。

3-2.リサイクルできるもの、できないもの

もちろん、すべてのごみをリサイクルできるわけではありません。たとえば、再販を目的にリサイクルする場合、汚れや破損があるものはリサイクルが不可能になる場合もあるのです。不要になった家電などのリサイクルを検討しているなら、動作に異常がないか、目立つ傷や汚れがないか、しっかりと確認しておきましょう。

3-3.最近の傾向

ただし、最近の傾向としては、故障した家電製品もリサイクル対象になるケースが増えてきています。家電製品には「レアメタル」と呼ばれる貴重な資源が使われており、リサイクル回収することで再利用が可能になるのです。天然のレアメタルを採掘することは地球破壊につながるため、廃家電からのリサイクルが望ましいとされています。そのため、故障して動作しなくなった家電製品を回収する業者も多くなってきているのが現状です。

4.ごみの処分、リサイクルの方法

ごみのリサイクルについて、自分でできることや業者へ依頼する方法などをまとめました。

4-1.自分でできることとは?

ごみを正しく分別すること以外にも、自分でできるリサイクルの方法はあります。不要になった家具や家電を廃棄せず、買い取りに出しましょう。ごみとして捨てる前に、再利用が可能かどうかを考えることが大切です。自分でできる方法としては、リサイクルショップやオークションがあります。捨てるはずだったものに値段がつき、お得に処分できる可能性は十分にあるでしょう。

4-2.リサイクルの方法

自分でリサイクルするのが手間だと感じる場合は、業者に依頼してみてください。家庭から出た不用品を買い取りしてくれる業者は全国にたくさんあります。「リサイクル買取サービス」は、不用品の高価買い取りと格安回収を行っている業者です。こちらから無料見積もりを受け付けているため、ぜひご利用ください。業者を選ぶときは「廃棄物収集運搬業」や「古物商」など必要な許可を得ているか、無料見積もりを受け付けているかなど、慎重にチェックしましょう。無許可営業の業者に依頼すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

4-3.リサイクルの流れ

リサイクル買取サービス」では、ホームページまたは電話で無料見積もりをご依頼いただくと、訪問日を決定してご自宅まで出張見積もりに伺うという流れです。見積もりの内容にご納得いただけましたら、その場で現金買い取りをいたします。

4-4.料金について

回収にかかる費用や買い取り金額については、業者によって基準が異なります。同じ不用品でも業者によって大きな差が出る場合もあるのです。損をしないためにも、できるだけ事前に複数の業者に無料見積もりを依頼しておきましょう。その結果を比較して業者を決定してください。そうすることで、大体の相場を知ることにもつながります。

4-5.注意点

許可を得ずに営業している業者は、料金をだまし取る、回収した不用品を不法投棄するなどの違法行為をしている可能性があります。実際に、悪質な業者とのトラブル例は数多く報告されているのです。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びはくれぐれも慎重に行ってください。その業者を利用した人たちの口コミをチェックしておくのもおすすめです。

5.ごみの分別に関するよくある質問

「ごみの分別について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

5-1.冷蔵庫はどうやって処分したらよいのですか?

A.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目なので自治体による回収は行っていません。販売店に依頼して引き取ってもらうか、指定引取場所に自分で持ち込んでください。状態がよければ不用品買い取り業者に依頼するのもおすすめです。

5-2.リサイクルマークとは何ですか?

A.リサイクルできることを示すマークのことで、法律によって表示することが決められているものです。スチール・アルミ・PET・プラ・紙などのリサイクルマークがあります。

5-3.パソコンは粗大ごみとして捨てられますか?

A.パソコンは「PCリサイクル法」に基づいて処分するため、粗大ごみとして捨てることはできません。メーカーに回収を依頼するか、パソコンの回収を行っている専門業者に引き取りを依頼しましょう。

5-4.無料の廃品業者は利用しても大丈夫でしょうか?

A.なぜ無料で回収できるのか、その理由を明確にしている業者であれば問題ないでしょう。再販売・再資源化することで利益を得ています。

5-5.高価買い取りのポイントは何ですか?

A.汚れを拭き取るなどして、できるだけきれいな状態にしておいてください。付属品をそろえるなど新品の状態に近づけることが、高価買い取りのポイントです。

まとめ

いかがでしたか? ごみの分別について知っておくことは、私たちの責務です。細かいルールが定められている地域では大変なことだと思いますが、しっかりと実践してください。正しくごみを出すこと、リサイクルすることがいかに大切なことか、この記事を読んでお分かりいただけたと思います。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休