5分で分かる物置の片付け方! 知って得する掃除術をご紹介!


物置は、家の中で最も忘れられがちな場所といっても過言ではありません。気がつけば収納物とホコリでいっぱいになっていることも珍しくはないでしょう。掃除や片付けをしようにも、どこから手をつければ良いのか分からず困ってしまう方も多いはずです。そこで、今回は物置の片付け方についてご紹介します。

  1. 物置の片付けの基礎知識
  2. 物置の片付けの方法
  3. 物置の片付け、不用品について
  4. 物置の片付け、プロに依頼する場合
  5. 物置の片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、物置のか片付け方法について簡単に学ぶことができます。散らかった物置に困っている方は、ぜひとも最後までお付き合いくださいね!

1.物置の片付けの基礎知識

1-1.そもそも物置って?

物置とは、使用頻度が少ない器具や雑具などを長期的の保管するための場所です。また、保管専用の納屋自体を物置と呼ぶこともあります。倉庫と意味合いが似ているため、こんがらがってしまう人がいますが別物です。倉庫は建物ですが、物置は建物ではありません。物置は、収納用の箱にすぎないのです。

1-2.物置のデメリット

物置は不要なものを長期的に保存できるという大きなメリットがある一方で、深刻なデメリットもあります。それは、どんどん使わないものをため込んでしまうという点です。保管場所がなければ処分などの選択を取ることが多いのですが、物置があると「もしかしたらいつか使うかも……」という思考になって、物をため込んでしまいます。また、以前は使っていたけれど、物置に保管しているうちに使用頻度がどんどん減り、完全に使わなくなるというデメリットもあるでしょう。ほかにも、物置に何をしまったのか忘れてしまいがち、というのもネックの一つです。

1-3.物置の片付けの必要性

しっかりと片付けておけば、いざ使いたいときに使いたい物をすぐに取り出すことができます。また、散らかった物置では、収納物が崩れる可能性もあるでしょう。物置に収納する物は大きな物や重い物も多いので、非常に危険です。さらに、散らかっていると収納力も低下します。経験がある方も多いと思いますが、たとえば服をタンスに収納する際、ぐちゃぐちゃに入れるよりも畳んで入れた方が多く収納が可能ですよね。物置でも同じで、整理整頓してある方がより多くの物を収納ができます。

2.物置の片付けの方法

2-1.まず何をすればいいの?

まずは、物置の中身をすべて出し、何が収納されているのかを把握する必要があります。さらに、追加で収納物がある場合にも収納が可能かどうかを検討しましょう。収納スペースというのは満杯状態では意味がありません。なぜなら、いざ収納したいものがあったときに利用できないからです。また、ギュウギュウ詰めになっていると取り出しも大変になりますので、基本的には最大収納量の8割以下、できれば6割以下の量を目安にしましょう。

2-2.片付けの手順

  1. 物置の中に入っているものをすべて取り出します。この際、できるだけ上に積まれているもの、崩れやすいものから運び出しましょう
  2. 要るものと要らないものに仕分けします
  3. できる限り要らないものを処分します
  4. 物置の中を掃除します
  5. 物置の中に収納します。この際、大きいものほど奥へ収納するようにしましょう。奥に小さいもの、手前に大きなものを置くとどこに何が収納してあるのかが把握しづらくなります

2-3.片付けのポイント

片付けのポイントは、「迷ったら捨てる」です。迷っている時点で、現在では使わない物という証明になります。そして、今使わないものはその後も使われないままになるケースが多いのです。ですから、「そのうち使うかもしれない」とか「もったいない」などという考えはやめ、思いきって処分しましょう。

また、使用頻度を考え、1年以上使っていないものも処分の対象にしてください。1年を通して使っていないものは、その後も使わないことがほとんどだからです。特に、数年以上使っていないものは、絶対に処分しておきましょう。

2-4.収納のポイント

収納のポイントはいくつかあります。

  • 小物には収納ボックスを利用する
  • 重いものは下に、軽いものは上に積む
  • 使用頻度が低いものは奥に、高いものは手前に収納する
  • 長いものは立てかける

小物をそのまま収納していると、使いたいときに探すのが大変ですし、使うたびに物置の中が散らかってしまいます。そこで、小物は収納ボックスにまとめて入れておきましょう。

また、重いものを下にして軽いものを上にするのは、安定感を高めるためです。また、もしも崩れた際に危険度を下げるという意味もあります。

使用頻度で置く場所を分けるのは、使いやすさの向上が目的です。頻繁に使うものを置くに収納していると非常に使いづらいですし、目的のものを取り出す際に、ほかの収納物を動かさなければいけません。長物を立てかけるのに関しても、使いやすさの向上のためです。物置は縦に長い構造をしているので、横にするより縦にした方がスペースをより有効的に活用できます。

2-5.片付けのタイミング

片付けを思い立ったそのときが、一番のタイミングです。後回しにしていると、結局いつまでたっても片付けしないことが多くなります。とはいえ、今すぐに行うことはできないでしょう。であれば、計画だけでも立てておきましょう。また、物置が屋外にある場合は、できれば晴れた日に行うのがベストです。そのほかのタイミングとしては、夏休みや年末などが挙げられます。夏休みは子供が家にいて人手があるため、年末は大掃除を行うためタイミングが良いといえるでしょう。

2-6.注意点

物置から収納物を出す際には、崩れたり倒れたりしないように注意をすることが大切です。最も大切なのは安全ですから、慌てず慎重に作業を行いましょう。不用意に取り出したらクギやノコギリなどの刃物が収納されていてケガをした、というケースも珍しくはありません。軍手をするなどして対策してください。また、物置の中はホコリが積もっていることがほとんどです。汚れても良い服装を心がけましょう。

3.物置の片付け、不用品について

3-1.不用品をどうするか

3-1-1.自分で処分する場合

自分で処分する場合、基本的には自治体を利用します。燃えるゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミなどに分類して処分しましょう。自治体によってゴミの分類は大きく違います。A市では燃えるゴミなのに、B市では不燃ゴミ、C市では粗大ゴミ、ということも珍しくはありません。各地域の自治体ホームページをしっかりと参照しておきましょう。

3-1-2.リサイクル・リユースする場合

もしも壊れておらず、見た目も劣化していないようなものであれば、リサイクル・リユースすることもできます。リサイクルショップに持ち込んだり、インターネットオークションを利用したりすると良いでしょう。ただし、リサイクルする場合、壊れていなくても、ひどく汚れていたり壊れていたりすると相手側から拒否されることもあります。リサイクルをする場合には、できるだけキレイにしておきましょう。それでもリサイクルができない場合は、他の方法で処分するしかありません。

3-2.不用品回収業者について

不用品回収業者を利用して処分することもできます。メリットが大きく、最近人気が高まりつつある方法です。ぜひ、利用してみてください。

3-2-1.メリット

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、手間と時間がかからないという点です。依頼すれば自宅まで不用品を引き取りに来てくれます。さらに、一度に複数のものを回収してくれるので、大量に不用品が出る際には特に便利です。物置の片付けの際には強い味方になってくれるでしょう。

3-2-2.回収方法

回収方法は「出張回収」が基本となります。依頼をすると業者が家に来てくれるため、自宅から1歩も出る必要はありません。ただし、業者にはそれぞれ出張可能エリアというものが設定されています。お住まいの地域によっては利用できないこともあるので注意しましょう。ただし、エリア外の場合でも、状況に応じて対応してくれることもあります。エリア外の場合でも、良さそうな業者を見つけたら、一応相談してみることが重要です。

3-2-3.料金

不用品回収業者の料金形態は基本料+商品単価+オプション料という形が一般的です。基本料は2,000~5,000円程度となっています。オプション料に関しては重いものをつり下ろしたりする際に発生するものです。内容によって、500~1万円ほどと、値段は大きく変わります。また、トラックのサイズで値段が変わる場合もあるでしょう。軽トラック2万円、2トントラックで4万円ぐらいが相場です。

3-3.ポイント

処分品の量が重要なポイントです。不用品回収業者は大量に処分する場合に特に向いています。1個2個ではなく、何個も処分品がある場合に利用するとお得です。

4.物置の片付け、プロに依頼する場合

4-1.プロへ依頼した方がいい場合

プロに依頼した方がいい状況については、以下のようなものが挙げられます。

  • 人手が足りず、自分だけでは片付けができない
  • 崩れる危険がある
  • 大量に不用品がある

片付けをする際に他人が手伝ってくれることはあまり多くありません。それにもかかわらず、物置の中は満杯、なんてこともあるでしょう。こんなときこそ、プロに手伝ってもらえれば心強いですよね。また、物置の中が崩れかけているなど、手が付けられない場合にも重宝します。さらに、大量に不用品がある場合も、一つ一つの処分を自分で行うより、不用品回収業者などにまとめて処分してもらった方が合理的です。

4-2.依頼するメリット

プロに依頼すれば、片付けと不用品の処分が平行して行えます。また、場合によっては買い取りもしてもらえるので、物置に眠っていた不用品で臨時収入が得られる可能性がある点も大きなメリットです。また、自分で行わなければいけない作業が減るので楽ですし、プロの方が当然作業が早いので時間の節約にもなります。

4-3.業者選びのポイント

業者の中には、いい加減な作業をしたり正確な見積もりを出せなかったりする不良業者や、不正を働く悪徳業者が存在しています。そのため、以下の「業者選びのポイント」をきっちりと押さえて、引っかからないように気をつけましょう。

  • 回収と買い取りを行っている
  • 回収実績・経験豊富なスタッフがそろっている(創業から10年が目安)
  • 不用品もが大量でも回収が可能
  • 丁寧でスピーディーな対応をしてくれる
  • 即日対応してくれる
  • 1人暮らしの女性の場合などを想定し、女性スタッフを抱えている
  • 夜間作業でも受け付けている

4-4.業者に頼むときのコツ

片付けを依頼すると、頻繁に発生するトラブルが「捨てちゃいけないものを捨てる」というものです。残しておきたかったものを処分されては困りますので、業者に依頼する際には何を処分して何を残すのかをしっかりと確認しておきましょう。できれば、業者が作業をしている横で作業を見ているのが一番安全です。

4-5.料金について

業者によっては、事前見積もりを出そうとしないことがあります。事前見積もりを出さなければ、後付けの理由で値段をつり上げやすくなるため、わざとそうしている可能性が考えられるでしょう。ですから、事前見積もりを出してくれない場合は、悪徳業者の可能性があるので依頼しないようにしてください。

4-6.回収までの流れ

  1. まずは、電話かホームページのお問い合わせフォームから依頼します
  2. 回収したいものや、量などを説明し見積もりを出してもらいましょう
  3. 見積もりに納得がいくようであれば、回収日時の指定を行います
  4. 指定日に自宅まで出張し、作業を行います
  5. 作業終了後、料金を支払って完了です

4-7.押し買い業者に注意しよう!

押し買いとは、貴金属や宝石など、価値の高い物品を法外な安値で強引に買い取る悪徳商法です。押し買い業者はほとんどのケースで「飛び込み営業」をかけてきます。ちょうど不用品があるからと家に上げると最後、貴金属や宝石を売ってくれるまでしつこく粘るでしょう。場合によっては脅迫してくるようなケースもあるようです。押し買いで得をすることは絶対にありません。損をしないためにも、飛び込み営業をかけてくるような業者は避けましょう。

5.物置の片付けに関してよくある質問

5-1.役立つアイテムはありますか?

以下のようなアイテムを取り入れると、物置の片付けや収納で役立ちます。

  • 収納ケース
  • 踏み台
  • 傘立て
  • スチール棚

特に、収納ケースと踏み台は使い道が多いので、ぜひとも取り入れてください。

5-2.使いやすくするためにはどうすれば良いですか?

用途などから分類分けをして、収納ケースにまとめましょう。さらに、中に何が入っているかを書いたシールや張り紙を貼っておけば、すぐに目的のものを見つけられるので使いやすくなります。ちなみに、収納ボックスは引き出しタイプがおすすめです。引き出しタイプなら、積み上げたままでも簡単に取り出しができます。

5-3.業者に依頼する前に仕分けは必要ですか?

業者によって異なります。多くの業者では、仕分けから運搬搬出まで、すべて行ってくれますのでご安心ください。

5-4.不用品回収業者に依頼する際に確認することはありますか?

古物商の許可を得ているか確認してみてください。中古品の売買などを行うには、古物商許可を得ている必要があります。業者ホームページの会社概要、もしくは会社案内から確認可能です。無許可で営業している場合は、間違いなく違法業者ですので、依頼しないように気をつけましょう。

5-5.買い取り額を高くするためのコツはありますか?

まず、大前提として正常に使用できること、そして見た目がキレイなことが重要です。傷や汚れがなく、付属品もそろっているようなものは高く買い取ってもらいやすいでしょう。また、年式が新しいことや、メーカーが有名だと高値がつきやすくなります。

まとめ

いかがでしたか? 物置は散らかっていると使いづらいですし収納量も減ってしまいます。ですから、しっかりと片付けることが大切です。とはいえ、処分品の数が多いなど、なかなか自分だけでは処分ができない場合もあるでしょう。そんなときには、無理せずプロに頼むのがおすすめです。不用品回収業者など、プロに依頼すれば手間と時間を浪費せずにすみます。子供の夏休みや年末の大掃除など、タイミングを見計らって、ぜひとも上手な片付けを行ってくださいね。


24時間年中無休 夜間の買取も対応!不用品をどこよりも高く買い取ります!

不用品の高価買取に自信あり!24時間年中無休